製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 11/16】忙しい研究者、技術者のためのパテントクリアランスの実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2021年09月08日 /  医療・バイオ 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 忙しい研究者、技術者のためのパテントクリアランスの実際
開催期間 2021年11月16日(火)
10時30分~16時30分
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2021年11月15日(月)15時
お申し込み

<セミナー No.111503>


【Live配信セミナー】
忙しい研究者、技術者のための

     パテントクリアランスの実際

 

★実際どこまでやれば良いのか!求められる精度とは!

抜け、漏れがなく、ノイズの少ない効率的な調査のポイント
 

----------------------------------------------------------------------------------


■講師:
いちご特許事務所 パートナー・弁理士 久米 輝代氏
               (元・特許庁審査官)
■聴講料:
1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくはお問合せください。


■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test
・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム                                                                                   

【講演趣旨】 
研究開発や製品開発で忙しい研究者・技術者にとっては、特許調査は面倒な作業であ り、後回しになってしまいがちだと思いますが、将来の事業の方向性、研究開発のテーマを決めるた めに、また、開発効率を高めるためにも、特許調査はとても重要なステップです。企業の技術者・知 的財産部員および特許庁審査官としての経験を有する弁理士を講師にむかえ、研究者・技術者が 特許調査を行うために必要な知識や、元審査官による調査ノウハウも含めた効率的な調査のポイン ト、および、調査結果に基づいてどのように対応することでリスクを回避できるのか、などについてお 伝えします。

【講演項目】
1.パテントクリアランスとは

2.特許調査の種類・目的

3.特許調査の必要性・重要性

4.研究者・技術者がどこまで調査すればよいのか

5.特許調査に求められるもの・求められる精度

6.特許調査の効率化のためのポイント

7.特許調査を行う時期

8.特許調査のために必要な知識

9.特許文献の読み方

10.特許調査の進め方

11.調査方針の検討

12.調査ツール

13.検索方法

14.特許調査のための準備・ポイント

15.特許調査の実行

16.抜け、漏れがなく、ノイズの少ない検索式の作成・修正

17.ヒットした特許文献の評価・検討

18.権利の有無・権利範囲の確認

19.他社特許の技術範囲の判断基準

20.特許請求の範囲と明細書の関係

21.特許請求の範囲の解釈

22.特許請求の範囲の拡大解釈と縮小解釈(限定解釈)

23.調査結果に基づいた対応の考え方

【質疑応答】

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ