製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 1/25】感性の計測技術と製品開発への応用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2021年12月01日 /  医療・バイオ IT・情報通信 試験・分析・測定
イベント名 感性の計測技術と製品開発への応用
開催期間 2022年01月25日(火)
10:30~16:10
会場名 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2022年01月24日(月)15時
お申し込み

<セミナー No.201409>
【Live配信セミナー】

感性の計測技術と

製品開発への応用

 

★ ヒトの感性を測るのに有用な生体信号、動作の計測と活用事例

 

■ 講師
1. 東京大学 大学院総合文化研究科 教授 文学博士 本吉 勇 氏
2. 青山学院大学 理工学部電気電子工学科 教授 博士(工学) 野澤 昭雄 氏
3. AZAPA(株) チーフサイエンティスト  サービスカンパニー Vice Technology Officer 橋本 一生 氏


■ 聴講料 :

1名につき60,500円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくはお問合せください。〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

 

プログラム                             

 

<10:30~12:00>

1.質感と感性の計測・分析方法

東京大学 本吉 勇 氏

 
【講演概要】
 感性にまつわる技術の開発においては,最終的なユーザーである人間の心理や精神の科学的理解が必須である.
優れた感性技術は常に人間の感覚器や脳の特性に適合しているものである.
 過去10年ほどの間に,われわれの研究を起点として人間の脳が映像からどのように光沢や透明感といった物理的な質感を知覚しているかは明らかにされてきた.
 われわれは最近,この物理的質感の単なる知覚を越えて,質感の美醜や好みなどの「感性的価値」を判断する脳の情報処理メカニズムに迫りつつある.
 本講演では,映像のなかのどのような情報が心地よい質感や気持ち悪い質感を決めているのか,また脳がそのような情報をどのように処理しているか,を豊富なデモや錯視,実験の実例を交えて紹介する.
 それとともに,こうした質感の美醜や好みを人間の行動や脳活動から客観的に計測・予測・制御するための手法の基礎を解説する。

 

【プログラム】

1.視覚情報処理の基礎
 1-1 視覚情報処理の概要
 1-2 視覚情報処理の基礎モデル

2.質感と感性
 2-1 質感・感性情報処理の基礎
 2-2 画像が引き起こす自動的な快不快について
 2-3 視覚情報処理に基づく美術の解析

3.質感・感性・快不快の実験と分析
 3-1 主観を客観的に測るための枠組み
 3-2 感性計測のための心理物理学的測定法
 3-3 画像処理と自然画像統計学
 3-4 実例集


【質疑応答】

 

<13:00~14:30>

2.感性計測技術の製品評価への応用

青山学院大学 野澤 昭雄 氏

 
【講座の趣旨】
 客観的・定量的な生体情報を指標として製品の感性評価を行うために必要となる基本的な知識および技術を紹介する。

 

1.生体システム
 1.1 生体システムの構成
 1.2 脳神経系
 1.3 神経系の情報処理
 1.4 感覚・知覚・認知・記憶
2.生体情報の計測・評価
 2.1 生体情報計測概論
 2.2 心理計測
 2.3 生理計測
 2.4 行動計測
3.生体情報による製品の感性評価
 3.1 ストレスの評価
 3.2 疲労の評価
 3.3 快適感の評価
 3.4 使用感の評価
4.生体情報計測の実際
 4.1 実験デザイン
 4.2 データ処理
 4.3 その他

 

【質疑応答】

 

<14:40~16:10>

3.生体データから感情を推定する技術基盤の開発と各分野へ向けた活用事例

AZAPA(株) 橋本 一生 氏

 
【講演概要】
近年注目され始めている、ヒトの心身状態を計測する技術の講義となります。
特に、精神状態を生体情報から推論するために、前提となる身体のメカニズムを中心に解説します。
最も代表的な例として、心拍変動、皮膚電気活動、体温を利用したストレス推定を、実例を交えて解説します。また、感情認識技術と共に利用が考えられる行動推定について簡単に触れます。

 

1.感情認識技術の概要
2.生理心理学の基礎
 2.1 感情と情動
 2.2 情動反応
3.情動反応の計測
 3.1 心拍活動
  3.1.1 心臓活動の基礎
  3.1.2 実験・計測・解析の例
  3.1.3 非接触計測手法
 3.2 皮膚電気活動
  3.2.1 皮膚電気活動の基礎
  3.2.2 実験・計測・解析の例
 3.3 体温
  3.3.1 温熱系の基礎
  3.3.2 実験・計測・解析の例
4.行動計測
 4.1 行動計測の役割
 4.2 いくつかの手法

 

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ