製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 6/3】mRNAを用いたCOVID-19ワクチン・医薬品の製剤技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年04月05日 /  医療・バイオ
イベント名 mRNAを用いたCOVID-19ワクチン・医薬品の製剤技術
開催期間 2022年06月03日(金)
10:00~17:00
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 東京都東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年06月02日(木)15時
お申し込み

<セミナー No.206121>

 

mRNAを用いたCOVID-19ワクチン・医薬品の製剤技術 

 

★mRNAの最新技術が学べる!~脂質性ナノ粒子・新規デリバリー技術の開発~
★技術者・研究者・新規事業等の企画者までフォローする
幅広いmRNA医薬品の動向(製造法、品質評価法、生体への送達法)

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

■ 講師

京都府立医科大学 大学院医学研究科 医系化学 准教授
Crafton Biotechnology株式会社 最高医療責任者(CMO)
内田 智士 氏

 

■聴講料

1名につき55,000円(消費税込、資料付) 
1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。お問い合わせください。

 

◆ Live配信セミナーについてのお願い ◆

■ お申込み前にご確認ください
・ パソコンもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
快適に視聴するには30Mbbs以上の回線が必要です。

 

・ Zoomを使用されたことがない方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はWebブラウザ(Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge)でも受講可能です。Zoomの視聴にあたり、クライアントおよびWebブラウザは最新版にアップデートして使用してください。

 

・ 質問の際など、クリアな音声で会話ができるよう、ヘッドセット(イヤホンマイク)の使用をお勧めいたします。

 

・ Zoomの使用方法につきましては、事前にWeb等でご確認ください。

 

■ Live配信セミナーの受講について

・ 開講日の4~5日前に視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

 

・ 出席確認のため、視聴サイトへのログインの際にお名前、ご所属、メールアドレスをご入力ください。ご入力いただいた情報は他の受講者には表示されません。

 

・ 開催前日着までに、製本したセミナー資料をお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。

 

・ 当日は講師への質問をすることができます。

 

・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

 

・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

 

プログラム                                     

 

【講座主旨】

COVID-19パンデミックにおいて、mRNAワクチンが成功を収めたことから、世界中でmRNAワクチン、医薬の開発が進んでいます。その応用は、感染症予防ワクチンにとどまらず、がんワクチン、がん免疫治療、希少遺伝性疾患治療へと拡大しています。本講演では、mRNAの医療応用の背景にあった技術革新、その疾患治療への展開を解説したのち、現状の課題を踏まえmRNA医薬の今後を展望します。

 

【講演内容】

①mRNAの医療応用を支える基盤技術
・導入 ― mRNA医薬の特長
・mRNAの合成
・mRNAの送達 ― 脂質性ナノ粒子

②mRNAのワクチンや医薬品への応用
・mRNAワクチンの開発
・COVID-19 mRNAワクチンのケース
・がんワクチンのケース
・がん免疫治療のケース
・希少疾患治療のケース
・ゲノム編集
・抗体医薬の産生

③今後の課題と展望・最新の製剤技術
・mRNA製造の課題
・mRNA機能化の新展開
・脂質性ナノ粒子の課題と
新規デリバリー技術の開発

 

【略歴】2007年 東京大学医学部医学科卒業
2007-09年 北見赤十字病院 初期臨床研修医
2013年 東京大学 大学院医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)取得
2013-16年 東京大学 大学院医学系研究科 特任助教
2016-20年 東京大学 大学院工学系研究科 特任助教
2020年-現在 京都府立医科大学 大学院医学研究科 准教授
2020年-現在 川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター(iCONM) 副主幹研究員(兼務)
2022年-現在 Crafton Biotechnology株式会社 最高医療責任者(CMO)
実績: 日本核酸医薬学会奨励賞ほか多数受賞、60報を超える査読付き英文論文執筆
活動: https://kpu-m.medchem.jp/uchida.html

 

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ