製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 7/6】固液分離操作の必須ノウハウ~濾過・膜濾過,沈降・凝集,遠心分離,圧搾・脱水,浮上分離,スケールアップ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報  / 2022年05月14日 /  医療・バイオ 化学・樹脂 建設・プラント
イベント名 固液分離操作の必須ノウハウ~濾過・膜濾過,沈降・凝集,遠心分離,圧搾・脱水,浮上分離,スケールアップ~
開催期間 2022年07月06日(水)
10:30~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2022年07月05日(火)15時
お申し込み

<セミナー No 207201>

 

【Live配信セミナー】

固液分離操作の必須ノウハウ

~濾過・膜濾過,沈降・凝集,遠心分離,

圧搾・脱水,浮上分離,スケールアップ~

 

★脱水機,フィルター,プレス,スクリーンなとの分離機器の種類と選び方・使い方

★不純物除去,有用物質の回収, 二酸化炭素と水素分野での活用などの最新トレンド

 

 

■ 講 師


名古屋大学 大学院工学研究科 化学システム工学専攻 准教授 博士(工学)  向井 康人 氏


  <公職>
   世界濾過工学会日本会 役員
   化学工学会東海支部 常任幹事
   日本繊維機械学会東海支部 副支部長

 

  <受賞歴>
   クリタ水・環境科学研究優秀賞 (2013年)
   永井科学技術財団賞奨励賞 (2020年)
   日本繊維機械学会賞論文賞 (2021年)

 

  <著書(分担執筆)>
    世界濾過工学会日本会編「濾過工学ハンドブック」 丸善 (2009年)
    分離技術会編「分離技術ハンドブック」 分離技術会 (2010年)
    「濾過スケールアップの正しい進め方と成功事例集」 技術情報協会 (2014年)

          他多数

 

■ 開催要領
日 時 :2022年7月6日(水) 10:30~16:30

会 場 : Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき55,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                  
【講座の趣旨】

  固液分離は,濾過・膜濾過,沈降・凝集,遠心分離,圧搾・脱水,浮上分離などさまざまな単位操作から成り,各種産業において,コストを支配する基幹の技術として重要な役割を果たしています。本講座では,これら一連の固液分離操作について,原理,理論,試験・評価方法などを中心に,本格的に学んでいない方にも理解できるよう基礎的事項に重点を置いて平易に解説します。


【セミナープログラム】

1.固液分離を知る!
  1.1 固液分離技術の種類と特徴
  1.2 固液分離技術の適用分野

 

2.沈降・凝集とは?
  2.1 沈降の種類 (自由沈降,界面沈降,圧密沈降)
  2.2 沈降の基礎理論
    2.2.1 単一粒子の沈降
    2.2.2 粒子群の沈降
  2.3 界面の沈降
    2.3.1 沈降分離の目的
    2.3.2 回分沈降試験のポイント
    2.3.3 沈降過程の評価のポイント
  2.4 凝集操作
    2.4.1 凝集のメカニズム
    2.4.2 凝集剤の種類と特徴
    2.4.3 粒子の電気的特性とDLVO理論
    2.4.4 凝集試験のポイント

 

3.濾過・膜濾過とは?
  3.1 ケーク濾過
    3.1.1 濾過の種類と特徴
    3.1.2 濾過の操作方式
    3.1.3 ケーク濾過のメカニズム
    3.1.4 Ruthのケーク濾過理論(定圧濾過,定速濾過)
    3.1.5 濾過試験と解析のポイント
    3.1.6 濾過ケークの評価のポイント
    3.1.7 沈降や閉塞を伴うケーク濾過
  3.2 閉塞濾過
    3.2.1 閉塞濾過のメカニズム
    3.2.2 閉塞濾過モデルの種類と特徴
    3.2.3 閉塞濾過の評価のポイント
  3.3 膜濾過
    3.3.1 膜の種類と除去性能
    3.3.2 膜の孔径・分離性能の評価方法
    3.3.3 膜濾過特性に影響を及ぼす因子
  3.4 ダイナミック濾過と助剤濾過
    3.4.1 濾過速度を向上させる手法
    3.4.2 ダイナミック濾過の位置づけと濾過挙動
    3.4.3 クロスフロー濾過の長所と短所
    3.4.4 種々のケーク掃流促進方法
    3.4.5 回転型及び振動型ダイナミック濾過
    3.4.6 周期逆洗型濾過システム
    3.4.7濾過助剤を利用した濾過

 

4.その他の固液分離技術
  4.1 遠心分離
    4.1.1 遠心分離の原理と分類
    4.1.2 遠心沈降・濾過・脱水装置
    4.1.3 遠心沈降・濾過・脱水過程
  4.2 圧搾・脱水
    4.2.1 圧搾装置
    4.2.2 スラリー原料の圧搾過程
    4.2.3 半固体状原料の圧搾過程
  4.3 浮上分離
    4.3.1 浮上分離の原理と分類
    4.3.2 浮上分離装置

 

5.固液分離技術の適用
  5.1 固液分離装置の分類と選定
  5.2 固液分離技術の応用事例
    5.2.1 水処理分野(排水・浄水処理,超純水製造)への応用
    5.2.2 食品・醸造分野への応用

 

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

 

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ