製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 7/19】各種用途における放熱材料の種類とその使われ方および失敗しない熱設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2022年05月14日 /  自動車 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 各種用途における放熱材料の種類とその使われ方および失敗しない熱設計
開催期間 2022年07月19日(火)
10:30~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2022年07月18日(月)15時
お申し込み

<セミナー No 207205>

 

【Live配信セミナー】

各種用途における放熱材料の

種類とその使われ方および失敗しない熱設計

 

★ 150℃ ,200℃ ,300℃以上 ・・・ 求められる温度帯に適した材料選びと放熱部材設計

★ 薄素素材のZ方向(縦方向)の放熱設計 , 絶縁性と放熱性との両立 , 放熱に関するトラブル対策

 

■ 講 師

(株)サーマルデザインラボ 代表取締役 国峯 尚樹 氏


  <公職>
   日本能率協会 熱設計・対策技術シンポジウム企画委員
   日本電子回路工業会(JPCA)委員  
   電子情報技術産業協会(JEITA)委員

 

  <著書>
   「トコトンやさしい熱設計の本」(日刊工業新聞社・共著) 他多数

 

■ 開催要領
日 時 :2022年7月19日(火) 10:30~16:30

会 場 : Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません

Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき55,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                         

【講座の趣旨】

  エレクトロニクス機器は,急激な小型・高性能化によって放熱の問題がますます深刻化しています。最近話題のエコ商品であるLED照明機器やEV/HEVでも熱の克服が最大の課題のひとつとなっています。最近の電子機器は,エネルギー変換効率は向上していますが,それ以上の小型化,高速化,機能の増大を行なうため,発熱密度は増大しています。熱源温度を所定の範囲に収めるためには,放熱面積拡大と熱伝達率増大の2つの手段がありますが,自然空冷・強制空冷に有効な「放熱面積の拡大」が主な方策となっています。極小さい部分で発生した熱を素早く広い面に拡散し,トータル熱抵抗を下げるためには,放熱材料が重要な役割を果たします。ここでは,エレクトロニクス製品の部品から大気までの放散経路において考えうる熱対策を体系的に説明します。特に話題の商品であるLEDとEV/HEVに着目して解説します。


【セミナープログラム】

1.エレクトロニクス機器の最新動向
  1.1 電子機器の実装技術の発達と熱問題
  1.2 最近のリコールに見る熱問題
  1.3 熱設計の目的と目標
  1.4 熱によって発生する不具合とその分類

 

2.熱設計のための伝熱の基礎
  2.1 熱の本質と熱移動の基礎式
  2.2 熱伝導のメカニズム
  2.3 多層板の熱伝導の計算演習
  2.4 接触熱抵抗の推定と低減策
  2.5 対流のメカニズム
  2.6 放射のメカニズム
  2.7 放射係数と形態係数
  2.8 熱抵抗の直列・並列合成

 

3.エレクトロニクス機器の放熱経路と熱対策
  3.1 一般電子機器の放熱経路
  3.2 LED照明の放熱経路
  3.3 パワーデバイスの放熱経路
  3.4 熱抵抗低減策と熱対策マップ

 

4.半導体パッケージの低熱抵抗化と放熱材料
  4.1 半導体部品パッケージの構造と熱抵抗
  4.2 パッケージの低熱抵抗化手段

 

5.高熱伝導LED用基板
  5.1 重要性が増す基板の熱設計
  5.2 プリント基板の基礎知識
  5.3 樹脂基板・メタル基板・セラミック基板
  5.4 等価熱伝導率
  5.5 基材の熱特性と基板の放熱性能
  5.6 高輝度LED用高放熱基板の試験方法

 

6.パワーデバイスやLEDで必要なTIM
  6.1 接触熱抵抗とは
  6.2 TIMの種類と特徴
  6.3 TIMの選定と使い方
  6.4 LEDやEVの要求特性

 

7.携帯端末で重要なヒートスプレッダ
  7.1 ヒートスプレッダが必要な理由
  7.2 主なヒートスプレッダの材料と特性
  7.3 ヒートスプレッダの効果および課題
  7.4 カーボンコンポジット材・グラファイト

 

8.期待される高熱伝導樹脂
  8.1 筐体を放熱器として使用する機器
  8.2 筐体の熱伝導率と温度低減

 

9.高放射材料・塗料
  9.1 放射率向上による温度低減効果
  9.2 さまざまな高放射材
  9.3 高放射材料使用上の注意点

 

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

 

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ