製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 9/8】医薬品研究・開発のリスクマネジメントと解決代替案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
医薬品/医療機器・材料/食品/化粧品:セミナー  / 2022年07月05日 /  医療・バイオ
イベント名 医薬品研究・開発のリスクマネジメントと解決代替案
開催期間 2022年09月08日(木)
10:00~16:00
※講演企業の競合となるの方の参加はお断りする場合がございます。
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年09月07日(水)15時
お申し込み

<セミナー No.209122>

 

医薬品研究・開発の

リスクマネジメントと解決代替案

 

★プロジェクトマネージャーの経験/実例から学ぶ、失敗確率の減らし方
★創薬R&Dの原資料となる課題解決代替案の提示
★「失敗」を正しく捉え、医薬品開発の成功確率を高めよう!

----------------------------------------------------------------------------------
■講師
【第1部】ロート製薬株式会社 医薬臨床開発部 アドバイザー 山本 晃嗣 氏
【第2部】Pharma Business Consultant 代表/ペプチドリーム 社外取締役 長江 敏男 氏


■聴講料
1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円(税込)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test
・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
・セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
  複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

プログラム                                                                               

<第1部>【10:00-13:45】                              

実際の失敗事例から学ぶ医薬品開発のリスクマネジメント

~失敗から学び、失敗確率を減らすために~
 ロート製薬株式会社 医薬臨床開発部 アドバイザー 山本 晃嗣 氏

【講座趣旨】新医薬品の開発は成功確率が極めて低く、成功するためには数多くの失敗を

覚悟しなければならないことが半ば常識となっており、失敗に対して鈍感になっている

可能性がある。本講では、失敗を前向きに受け止め、失敗からから何かを学び将来の
失敗確率を低下させるために生かす取り組みや仕組みについて、

演者のプロジェクトマネージャーの経験/実例を踏まえて解説する

 

【講座内容】
1.医薬品開発の特徴
 (1)低い成功確率、高い開発コスト   (2)早期判断の重要性
2.医薬品開発における「失敗」
 (1)「失敗」と「成功」 (2)医薬品開発における「失敗」とは 
 (3)防げる失敗と防げない失敗
3.失敗の実例と原因分析、予防策
 (1)演者の経験した失敗事例  (2)公表されている失敗事例  
 (3)原因分析と予防策
4.失敗確率を減らすための対策
 (1)リスクマネジメント   (2)「目利き」の育成

 

<第2部>【14:00-16:00】

医薬R&Dプロジェクトマネジメントへ薬価戦略を落とし込む課題と解決代替案
Pharma Business Consultant 代表/ペプチドリーム 社外取締役 長江 敏男 氏

【講座趣旨】限られた医療資源のコントロール、再配分から薬価制度では(3方よしではなく今や)6方よしが求められている。当セミナーでは、患者Patients, 医師Physicians,

Para-medical,保険者Payers, 当局Policy-maker, 製薬企業Pharma companiesの6P、

6方よしに迫る。困っている患者さんに喜んでもらえる為に、創薬R&D事業化リスクを取り、成功の対価として妥当なリターンが、次世代R&Dの原資となる構図、課題解決代替案を提示

します。このような課題テーマは突っ込みどころ満載なので、どうぞ突込んでください。

インタラクション突込みは美徳、大歓迎です。


【講座内容】
・ 創薬研究シーズ思考(川上)から市販後の製品像TPP原案デザイン
・アンメット医療ニーズ思考(川下)からTPP案Aデザイン
・臨床開発戦略思考を含め切磋琢磨によりTPP案Bデザイン
(上記TPP諸案は限られたデータと多くの仮説(後日検証)に基づく)

・TPP諸案に基づく事業化戦略、大まかなマーケティング戦略
・R&Dコマーシャル諸戦略に基づき薬価を含む事業価値評価
・R&D-Commercial-Interaction 突込みR&D-C-Iは超重要
・R&D-C-Iを通して、薬価、市販後の新たな課題、新ジレンマも
(グローバル)臨床開発戦略と(国内)薬価戦略のズレも予見是正
・R&D-C-Iではジレンマ、ズレ予見から諸戦略統合、整合性など
TPP最終案、薬価戦略基づく薬価/事業価値リターンを定量評価
・戦略的に成功確率を上げてリスクテイクGO/No-go意思決定提案
・次のMilestone(MS)前に、同MS後のGO/No-go基準決め共有
意思決定のスピードを含む質向上、医療ニーズ応答、価値最大化へ

 

★セミナーのポイント★(こんなことが学べます!)
・プロジェクトの「失敗」を現実的に起こりうるものとして
イメージし、「改善できる失敗とそうでない失敗」・「カバーができる範囲」
というラインを提示、プロジェクトの成功につながります!

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ