製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 10/11】免疫細胞の老化を防ぐ人工T細胞の作製

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年08月03日 /  医療・バイオ 先端技術
イベント名 免疫細胞の老化を防ぐ人工T細胞の作製
開催期間 2022年10月11日(火)
10:30~16:00
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2022年10月11日(火)00時
お申し込み

<セミナー No.210131>

 

 

 

 

【Live配信セミナー】
免疫細胞の老化を防ぐ人工T細胞の作製

 

☆ iPSC由来T細胞の特徴、近年の進捗、今後の展開の解説!!
☆ CAR-T細胞の体外で培養・増殖させる技術とは!?

 

----------------------------------------------------------------------------------
■講師
【第1部】京都大学 iPS研究所 河合 洋平 氏
【第2部】愛知県がんセンター研究所 籠谷 勇紀 氏


■聴講料
1名につき55,000円(消費税込/資料付き)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円(税込)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。
■Live配信セミナーの受講について
お申込み前にご確認ください
・ パソコンもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
快適に視聴するには30Mbbs以上の回線が必要です。
・ Zoomを使用されたことがない方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はWebブラウザ(Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge)でも受講可能です。Zoomの視聴にあたり、クライアントおよびWebブラウザは最新版にアップデートして使用してください。
・ 質問の際など、クリアな音声で会話ができるよう、ヘッドセット(イヤホンマイク)の使用をお勧めいたします。
・ Zoomの使用方法につきましては、事前にWeb等でご確認ください。
・ 開講日の4~5日前に視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・ 出席確認のため、視聴サイトへのログインの際にお名前、ご所属、メールアドレスをご入力ください。ご入力いただいた情報は他の受講者には表示されません。
・ 開催前日着までに、製本したセミナー資料をお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。
・ 当日は講師への質問をすることができます。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

 

プログラム                                                                                        
(10:30~13:00)
【第1部】iPS細胞を用いた高い自己複製能と機能性をもつT細胞の作製
京都大学 iPS研究所 河合 洋平 氏

 

【講座主旨】
近年CAR-T療法をはじめとする免疫細胞療法が大きな注目を集めている。しかしながら患者の免疫細胞をセルソースとして使う場合、移入免疫細胞の量だけでなく質も患者や病態ごとに大きく異なり、薬効に大きく影響する事が知られている。このため我々はiPS細胞からT細胞を誘導することで機能性T細胞を大量に安定的に供給する戦略が提起してきた。本講演ではiPSC由来T細胞(iPSC-T細胞)の特徴、近年の進捗、今後の展開について共有する。


【講座内容】
1.何故iPS細胞からT細胞なのか?
 1.1 腫瘍免疫細胞療法の現状
 1.2 iPSC-T細胞に期待されている事

 

2.iPSC-T細胞に見られる課題とその克服
 2.1 従来まで見られたiPSC-T細胞の課題
  ・分化亢進と細胞疲弊形質
  ・補助レセプターCD8αβの発現欠如
  ・異所的なNK活性
 2.2 上記課題を解決するためのT細胞分化培養系の改変と品質管理マーカーの同定
 2.3 高効率T細胞拡大培養系の樹立

 

3.iPSC-T細胞の棚卸式免疫細胞療法への応用

 3.1 HLAホモドナー由来iPS細胞ストックの使用
 3.2 ユニバーサルiPS細胞の使用
 3.3 T細胞分化拡大培養系の完全フィーダーフリー化

 

4.iPSC-T細胞の今後の課題と新たな試み
 4.1 iPSC-T細胞におけるヘルパーT細胞の欠如
 4.2 iPSC-T細胞への異所的因子の導入

 

【質疑応答】
---------------------------------------------------------------
(14:00~16:00)
【第2部】遺伝子改変によるCAR-T細胞の改良開発 -がんの治癒を目指したT細胞機能の強化-
愛知県がんセンター研究所 籠谷 勇紀 氏

 

【講座主旨】

キメラ抗原受容体 (CAR)導入T細胞療法は、難治がんに対する新規治療法として期待されるが、多くの場合、輸注されたCAR-T細胞が徐々に死滅または機能低下を来し、持続的な治療効果が得られていない。CAR-T細胞は体外で培養・増殖させる過程を含むため、細胞自体の様々な加工を行うことが可能で、特定の遺伝子の導入・ノックアウトを自在に行える。我々は、CAR-T細胞の長期生存能獲得につながる遺伝子改変方法の基礎研究開発に取り組んでおり、本講演ではこれらのデータを中心に、持続的な治療効果を誘導するために必要なT細胞機能について議論したい。


【講座内容】
1.養子免疫療法
 1-1. 遺伝子改変T細胞療法CAR-T細胞療法
 1-2. 腫瘍浸潤T細胞療法

 

2.T細胞の分化・疲弊
 2-1. メモリーT細胞
 2-2. エフェクターT細胞
 2-3. T細胞疲弊
 2-4. T細胞老化・終末分化

 

3.T細胞機能改変のための遺伝子工学
 3-1. 転写因子
 3-2. エピジェネティック因子
 3-3. CRISPR/Cas9

 

【質疑応答】

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ