製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 10/21】ゴム・プラスチック製品の組成、添加剤分析手法と事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年08月07日 /  自動車 化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 ゴム・プラスチック製品の組成、添加剤分析手法と事例
開催期間 2022年10月21日(金)
10:30~16:30
会場名 ZOOMを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年10月20日(木)15時
お申し込み

 <セミナー No.210214>

 

【Live配信セミナー】

ゴム・プラスチック製品の

組成、添加剤分析手法と事例

 

★ 目的にあった手法の選び方、適切な前処理法!

------------------------------------------------------------------------------------------------

■講師

(一財)化学物質評価研究機構 高分子技術部 技術第二課長 博士(工学) 三輪 怜史 氏
【専門】高分子分析

 

■聴講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)

1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

プログラムあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

【習得できる知識】
分析法の原理、ゴム・樹脂の特性を知るための分析、添加剤の分析法

 

【講座の趣旨】
ゴム・プラスチック製品のポリマーや添加剤の分析を実施するための知識を習得できます。ポリマー、添加剤の分析で留意すべき点や、分析のために知っておくべき材料に関する必要な知識について、具体的な実例を交えて解説します。


1.高分子製品の分析に用いる方法
 1-1 前処理方法
 1-2 分析方法
  (1)赤外分光法、レーザーラマン分光法
  (2)核磁気共鳴法(溶液、固体NMR法)
  (3)熱分析(DSC, TG, TMA)
  (4)ガスクロマトグラフィー -熱分解法、GC/MS法を中心に-
  (5)液体クロマトグラフィー -カラム選択と検出法-
  (6)サイズ排除クロマトグラフィー -分子量の解析法-
  (7)イオンクロマトグラフィー
  (8)蛍光X線分析、電子線マイクロアナリシス
  (9)X線回折法
  (10)誘導結合プラズマ発光分光分析、質量分析
  (11)局所分析方法

 

2.ゴム・エラストマー材料
 2-1 ゴム組成分析の進め方
 2-2 事例紹介
  (1)汎用ゴム(ジエン系、エチレンプロピレンゴム)
  (2)特殊ゴム(シリコーン、フッ素ゴム、ウレタンゴム)
  (3)熱可塑性エラストマー(オレフィン系、スチレン系)
  (4)有機配合剤(架橋系、硫黄、老化防止剤など)
  (5)無機配合剤(補強剤、安定剤)

 

3.プラスチック材料
 3-1 プラスチック組成分析の進め方
 3-2 事例紹介
  (1)オレフィン系ポリマー
  (2)縮合系ポリマー(ポリエステル、ポリアミドなど)
  (3)その他の熱可塑性樹脂
  (4)熱硬化性樹脂
  (5)添加剤(安定剤、界面活性剤など)

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄にご入力をお願いいたします

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ