製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 11/4】次世代モビリティを見据えた自動車用プラスチック戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年08月07日 /  自動車 化学・樹脂 繊維・紙・パルプ
イベント名 次世代モビリティを見据えて自動車用プラスチック戦略
開催期間 2022年11月04日(金)
10:30~16:30
会場名 ZOOMを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年11月02日(水)15時
お申し込み

 <セミナー No.211211>

 

【Live配信セミナー】

次世代モビリティを見据えた
自動車用プラスチック戦略

 

★ プラスチックの基礎・要求特性・課題対応から、SDGや次世代車の動向まで

------------------------------------------------------------------------------------------------

■講師

(株)Tech-T 代表取締役,埼玉工業大学 客員教授 博士(工学) 高原 忠良氏
【専門】モビリティ×ケミカル素材・成形加工法×デジタル技術

 

【略歴】
 1980~1989 新日本無線株式会社 高融点金属・セラミックの研究
 1989~2012 トヨタ自動車株式会社 軽量化開発、バーチャル開発手法構築など
 2012~2015 Samsung SDI(韓国本社) エンジニアリングプラスチック研究所
 2015~2017 大手自動車メーカ 研究所 次世代車要素技術開発
 2017~現職 埼玉工業大学 客員教授
 2020~現職 株式会社Tech-T(技術オフィスTech-T) 設立

 

■聴講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)

1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

プログラムあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 以下の内容は最新情報などを加味して追加削除など変更される場合があります。

 

【第一部 車載プラスチックの基礎から現状まで】
1.車載プラスチックの狙いと課題対応
活用の狙い、課題とその対応から、車載プラスチック活用の本質を理解します。
 1.1 活用の狙い コスト低減/軽量化/高品位化
 1.2 活用における課題 耐熱性/剛性/耐久性/耐環境特性
 1.3 課題対応の知恵
 1.4 CAEの活用

 1.5 そもそもの不良解明能力

 

2.自動車部品への活用 歴史と今
狙い達成のための進化も含めて現状の活用状況を写真中心で説明します。
 2.1 内装部品
 2.2 外装部品
 2.3 機能部品 エンプラ/スーパエンプラ
 2.4 CFRP ボデー系/機能系

 

3.最新動向【環境対応の視点で】
2050年カーボンニュートラル、SDGsへの取組みの重要度が急激に増しています。背景を整理した上で、対応が必須となる取組みを解説します。
 3.1 環境問題 SDGs カーボンニュートラル 取組み紹介 主要ケミカルメーカ・樹脂ユーザ(トヨタ・サントリー)
 3.2 自動車を取り巻く課題 次世代車とプラスチックニーズ
 3.3 オールマイティ・カードの軽量化 軽量化プロジェクト例
 3.4 CFRPの活用拡大 VaRTM/C-RTM/CFRTPプレス成形/多給糸FW 

 

4.最新動向【魅力あるクルマへ】 将来を読み解く、最新技術紹介
CASEや空飛ぶクルマなどの最新トレンドから魅力あるクルマに向けての将来を読み解く。
 4.1 CASE ADAS
 4.2 新しいモビリティ 空飛ぶクルマ/小型EV
 4.3 プラスチック・成形加工のデジタルトランスフォーメーション(DX)
 4.4 最新計測方法、加工技術 光ファイバ計測法/X線タルボ・ロー
 4.5 炭酸ガス削減 ベント成形法/大型3Dプリンタ

 

5.今後の業界動向を読み解く
ユーザ側のニーズのトレンドを整理するとともに、材料サプライヤ視点での効果的なアプロー

チを考える。

 

【第二部 次世代モビリティと樹脂】

6.次世代モビリティとは
次世代モビリティや新エネルギー車を概観整理します。
 6.1 次世代エネルギー車(xEV=BEV、PHEV、HEV、FCEV)
 6.2 自動運転バス、MaaS、スマートシティ

 

7.次世代エネルギー車試乗から見た今後の流れ 
 7.1 試乗(動画を含めて)
    BEV:(1)Hyundai IONIQ5、(2)華人運通 HiPhi X、(3)Toyota bZ4X
    FCEV:(1)Hyundai NEXO、(2)Toyota MIRAI(1st)
 7.2 エネルギー充填における課題
 7.3 販売台数、SPEC、そして乗り心地比較
 7.4 プラットフォーム・パッケージ開発の視点で
 7.5 水平分業、新興企業(ソニー、鴻海・・・)
 7.6 くるまの新しい楽しさの演出

 

8.自動運転バスやMaaSの現地調査と試乗
各地で実証実験が進められている自動運転バスやMaaSの体験結果を元に、現状のレベルや将来トレンドに関して解説します。
 8.1 試乗・体験・見学(動画を含めて)
 8.2 自動運転バス
  (1)宮城県気仙沼市 BRT 自動走行実験ライン見学
  (2)福井県永平寺町 Zen Drive 見学と乗車
  (3)茨城県境町 自動運転バス 見学と乗車
 8.3 MaaS: EXPO2025 次世代都市交通システム実証実験
   自動運転バス/自動運転タクシー/非接触給電/配送ロボット/5G遠隔監視 他
 8.4 スマートシティ
  (1)上海スマートシティにおける自動運転状況
  (2)藤沢スマートシティ(Panasonic)
  (3)東富士ウーブンシティ(トヨタ自動車)

 

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ