製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 10/11】動的粘弾性測定 オンライン実習講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2022年08月08日 /  化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 動的粘弾性測定 オンライン実習講座
開催期間 2022年10月11日(火)
10:00~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年10月07日(金)15時
お申し込み

<セミナー No.210222

 【Live配信セミナー】

動的粘弾性測定 オンライン実習講座

~粘弾性の考え方,測定の使い分け,マスターカーブの作り方・活用法~

 

★ 細かい条件設定や操作法からよくあるエラーまで Liveだからこそわかる測定のいろはを体得する!

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

■ 講 師

1.東亞合成(株) 高分子材料研究所 主事 髙木 晃 氏

2.ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株) アプリケーション課 ケミスト 髙野 雅嘉 氏

 

■ 聴講料

1名につき55,000円(消費税込、資料付)

〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください〕

 

◆ Live配信セミナーについてのお願い ◆

■ お申込み前にご確認ください
・ パソコンもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
快適に視聴するには30Mbbs以上の回線が必要です。

 

・ Zoomを使用されたことがない方は、ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はWebブラウザ(Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge)でも受講可能です。Zoomの視聴にあたり、クライアントおよびWebブラウザは最新版にアップデートして使用してください。

 

・ 質問の際など、クリアな音声で会話ができるよう、ヘッドセット(イヤホンマイク)の使用をお勧めいたします。

 

・ Zoomの使用方法につきましては、事前にWeb等でご確認ください。

 

■ Live配信セミナーの受講について

・ 開講日の4~5日前に視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

 

・ 出席確認のため、視聴サイトへのログインの際にお名前、ご所属、メールアドレスをご入力ください。ご入力いただいた情報は他の受講者には表示されません。

 

・ 開催前日着までに、製本したセミナー資料をお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。

 

・ 当日は講師への質問をすることができます。

 

・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

 

・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

 

プログラム                                                                                    

 

【10:00~12:30】
1.レオロジーの必須基礎知識 ~動的粘弾性の基礎,マスターカーブの作り方~

東亞合成(株) 高分子材料研究所 主事 髙木 晃 氏
 

【講座概要】
本講演は、会社に入ってから「レオロジーを始めた方」、「レオロジーの測定は できるけど解析の仕方がよくわからない方」を対象にしたセミナーです。 レオロジーはポイントさえ掴めれば誰でも理解できます。そのポイントを実際に測 定した結果を基に、分かりやすく・やさしく・おもしろく説明します。 また、測定上の注意点や設定パラメーターもご紹介いたします。なお、今回の講演 では、ほとんど数式は出てきません(ただし、重要な式は紹介します)。 レオロジーを勉強する第一歩として講演を聴いて頂ければと思います。

1.レオロジーの概念
 1.1 レオロジーで何がわかるのか?
 2.1 レオロジー挙動を利用した商品

2.レオロジーの共通語
 2.1 フックの法則 / ニュートンの法則    
 2.2 粘弾性測定
 2.3 貯蔵弾性率と損失弾性率

3.ずり速度と粘度の関係
 3.1 粘度計とレオメーターの違い
 3.2 チクソトロピー / レオペクシー / ダイラタンシー
 3.3 アロンアルフアの粘度調製

4.粘着性能と粘弾性挙動
 4.1 粘弾性を用いた塗布性の評価

5.種々の粘弾性測定
 5.1 歪み分散測定
 5.2 温度分散測定
 5.3 周波数分散測定

6.測定後の解析(得られたデータの取り扱い方)
 6.1 時間-温度換算則
 6.2 スライムの緩和時間を求める
 6.3 ゴム状平坦部から絡み合い点間分子量を求める
 6.4 高分子鎖一本に何個の絡み合いがあるか
 6.5 ゲル化臨界点

7.その他
 7.1 非線形粘弾性

【質疑応答】


【13:15-16:30】
2.粘弾性測定の基礎と装置によるオンライン測定実習

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株) アプリケーション課 ケミスト 髙野 雅嘉 氏

 

1.はじめに
 1.1 イントロダクション
 1.2 粘弾性の考え方
 1.3 現象論と分子論
 1.4 汎用な粘度計とレオメータ
 1.5 フローカーブ、静・動的測定の理解と使い分け
 1.6 レオメータの仕組みと治具の特徴
 1.7 失敗しないサンプル準備のコツ
2.フローカーブ
 2.1 様々なフローカーブ~粘度を色々な角度から考察~
 2.2 降伏値の求め方
 2.3チクソトロピックループとステップフロー
3.熱硬化性樹脂
 3.1 ゲル化点の定義と求め方
 3.2 温度条件の影響
 3.3 硬化物の物性
4.エマルション(物理ゲル)
 4.1 安定性評価事例
 4.2 構造回復観察
 4.3 構造による粘度の変化
5.サスペンション(物理ゲル)
 5.1 分散性評価事例
 5.2 緩和挙動考察事例
 5.3 凝集構造と粘度の関係
6.ゲル
 6.1 食感と粘弾性測定の関係
 6.2 緩和スペクトルによるゲルの分類
 6.3 ゾル-ゲル転移
7.粘着剤
 7.1 タック性とピール性
 7.2 フォーミュレーションと粘弾性挙動の関係
8.ポリマーメルト
 8.1 平均分子量・分子量分布の考え方
 8.2 コックス・メルツ則とは
9.UV硬化
 9.1 照度と硬化速度
 9.2 サンプル厚みと硬化収縮
10.新規アプリケーション事例
 10.1 界面粘弾性測定
 10.2 2D粘弾性測定
 10.3 大変形のレオロジー
11.歪制御型レオメータによるデモンストレーション
 11.1 フローカーブ(ニュートニアン、構造粘性、降伏値)
 11.2 動的粘弾性測定(線形/非線形の考え方、周波数スイープ)

【質疑応答】


■■ 粘弾性測定装置による遠隔デモ実習 ■■

 

●実習の趣旨
 装置を用いた測定を遠隔デモで実演するとともに,測定や解析のコツなど,活用方法を紹介いたします。

●遠隔デモの流れ
 ・装置の説明 ・条件の組み方
 ・サンプルローディングから実測定の流れ
 ・データの解析、解釈
 ・よくあるエラーについての説明

●使用するサンプル
 標準試料、ゲル、ペースト材料など


【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に
ご入力をお願いいたします

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ