製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 12/15】AIによる知財業務の効率化と効果的な活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
研究開発マネジメント:セミナー  / 2022年10月03日 /  化学・樹脂 電子・半導体 先端技術
イベント名 AIによる知財業務の効率化と効果的な活用方法
開催期間 2022年12月15日(木)
10:30~16:15
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2022年12月14日(水)15時
お申し込み

セミナー№212513

 

【Live配信セミナー】
AIによる知財業務の効率化と効果的な活用方法

 

★AI、RPAは使い方次第で知財業務効率化に大いに役立つ!
  知財管理業務の自動化!特許調査、明細書作成を簡便化する方法を大公開!!

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

■講師

1.アイ・ピー・ファイン(株) 取締役 副社長 平尾 啓 氏
2.VALUENEX(株) 代表取締役CEO 中村 達生 氏
3.ナガセケムテックス(株) 企画・推進本部 知的財産室 室長 冨田 光治 氏

 

■聴講料

1名につき 60,500円(消費税込、資料付)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

 

プログラム                                                                                    

 

<10:30~12:00>
1.知財業務効率化へのAI活用と効果的な適用範囲
アイ・ピー・ファイン(株) 平尾 啓 氏

 

【講演趣旨】
7年ほど前に無効資料調査など知財業務へのAIツール提案がなされて以来、様々な調査、分析業務などにAIの適用方法が提案されてきた。当初AIは、将棋や囲碁のように自己学習によりプロより強くなりえるものとして、その特性を知らずしてAIを万能なものとして捉えられることが多かった。またAIツール提供側もユーザーに淡い期待を与えた可能性もある。AI=万能への過度な期待がゆえに失望する場面が発生することもあったようである。一方では、確かに万能ではないが、限られた使い方次第では知財業務の効率化に大いに役に立つということもわかってきた。その一例を論じる。

 

【講演項目】
1.知財業務へのAIツール適用
 1-1.特許調査、分析業務へのAIツールの適用例
 1-2.特許庁の取組み例
2.AIツール利用上での注意点
 2-1.フレーム問題
 2-2.ノーフリーランチ定理
 2-3.醜いアヒルの子定理
 2-4.シンボルグラウンディング問題
3.AIツールの限界
 3-1.重要特許の判定のずれ
 3-2.その問題点
4.AIの融合について
 4-1.AIの世代
 4-2.第2世代AI
 4-3.第3世代AI
 4-4.第4世代AI
 4-5.第4世代AIの適用例
【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 

<13:00~14:30>

2.AIを用いた特許・論文解析による技術動向分析と意思決定への活用
VALUENEX(株) 中村 達生 氏

 

【講演趣旨】
起きそうもないことが実際に起こる時代に突入し、感染症、戦争によるサプライチェーンの寸断、急激な為替変動、これにともなう、人と物の流れや働き方の変化が起きている。過去の延長上ではなく、論理をつないで予測する時代には、データに基づき俯瞰して精度高く解析することが求められる。本セミナーでは、知財情報の技術書としての側面に焦点を当て、研究開発活動の足跡を俯瞰し、効果的に戦略立案と意思決定を行う方法について事例を交えて紹介する。経営企画、研究開発、知財、DX部隊などの方々が、俯瞰的にデータに基づき、組織のさまざまな戦略立案を実践できるようになることを目指している。

 

【講演項目】
1.背景整理
2.データ・情報・知識への昇華
 2-1.私たちはどこに向かうのか
 2-2.Big Data, IoT, AI, DX......使い倒すには
 2-3.精度良く俯瞰することの必要性
 2-4.データフュージョン
 2-5.研究開発、マーケティング、ファイナンス
3.知財情報を用いて俯瞰する
 3-1.俯瞰分析とは
 3-2.技術動向を把握する目的と活用
 3-3.俯瞰図を用いたSWOT分析
 3-4.研究開発の型を見抜く
 3-5.背景のストーリーを読み解く
4.データに基づく未来予測
 4-1.どこまで未来を見渡せるか
 4-2.既存事業、先進事業、創造事業、未来事業
5.M&Aへの適用
6.まとめ
【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 

<14:45~16:15>

3.AIツールを活用した特許調査、明細書の作成と

      少人数知財部における効率的な知財業務の進め方
ナガセケムテックス(株) 冨田 光治 氏

 

【講演趣旨】
近年、企業では、管理部門の生産性向上や働き方改革が求められ、知財部門においても業務の効率化を進める必要に迫られています。特に少人数知財部では、業務量が増大する中、いかに知財業務の効率化を図るかは切実な問題となっています。効率化手段としては、RPAやAI導入による知財管理業務の自動化、AIツールを活用した特許調査や明細書作成の簡便化等、情報システムツールの活用が検討されています。一方、社内関係部門や特許事務所等との役割分担や連携方法等の見直しも効率化に寄与し、更に知財業務の強化策にも繋がります。本講演では、AIツールを活用した特許調査、明細書の作成等の活用及び社内関係部門や特許事務所等との役割分担や連携等少人数知財部における効率的な知財業務の進め方について解説します。

 

【講演項目】
1.知財業務の自動化
 1-1.管理業務の自動化 ~RPAの活用~
 1-2.特許調査の簡便化 ~AIツールの活用~
 1-3.明細書作成の簡便化 ~AIツールの活用~
2.少人数知財部における 効率的な知財業務の進め方
 2-1.社内関係部門との連携はどうあるべきか
  2-1-1.研究・開発部門との役割分担と連携方法
  2-1-2.事業部門との役割分担と連携方法
  2-1-3.法務部門との役割分担と連携方法
  2-1-4.経営層との連携、アピール
 2-2.外部専門家の活用
  2-2-1.弁護士の活用
  2-2-2.弁理士の活用
  2-2-3.調査会社の活用
3.これからの知財人材の育成
【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

 

2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は
【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に
ご入力をお願いいたします。

  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ