製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 4/17】電磁界シミュレーションの基礎 ~差分法(FD)、時間領域差分法(FDTD)、有限要素法(FEM)、モーメント法(MoM)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー情報 化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年02月02日 /  IT・情報通信 電子・半導体 試験・分析・測定
イベント名 電磁界シミュレーションの基礎 ~差分法(FD)、時間領域差分法(FDTD)、有限要素法(FEM)、モーメント法(MoM)~
開催期間 2024年04月17日(水)
10:30~16:30
会場名 ZOOMを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年04月16日(火)15時
お申し込み

<セミナー No.404423>

【Live配信セミナー】
電磁界シミュレーションの基礎
~差分法(FD)、時間領域差分法(FDTD)、有限要素法(FEM)、モーメント法(MoM)~

 

★ シミュレーション技術の基礎的原理から解析例を交えてわかりやすく解説!

 

■ 講師
青山学院大学 電気電子工学科 名誉教授/客員教授/プロジェクト教授 工学博士 橋本 修 氏

■ 聴講料 :

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕
〔大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
         詳しくはお問合せください〕

※定員になり次第、お申込みは締切となります。

 

■ プログラム                               

【講座概要】
 最近のコンピュータの高速化や大メモリーを背景に電磁界のシミュレーション技術は急速な進歩を遂げ、その威力を発揮している。市販のシミュレーションツールの精度も極めて向上し、ユーザーに取っては、大変に便利なものになっている。しかし、そのシミュレーション技術の原理を知ることなく使用しているケースも多いように思われる。ブラックボックス化されたソフトから答えが出たとき、その原理を知っていればある程度の答えの精度などに関する検討などができるケースもあると思われる。このような背景から、本セミナーでは、電磁界解析の主流である差分法(FD)、時間領域差分法(FDTD)、有限要素法(FEM)及びモーメント法(MoM)に着目し、その基礎的原理などについて、その理解を助ける例題などにも出来るだけふれて解説する。また、解析例についても電子レンジ解析や材料定数測定に対する応用例なども紹介する。

【講演中のキーワード】
・波動方程式
・ラプラスの方程式
・差分法
・時間領域差分法
・有限要素法
・モーメント法
・材料定数測定

【プログラム】

1.差分法
 1.1 差分とは
 1.2 ラプラスの方程式
 1.3 例題

2.時間領域差分法
 2.1 空間における差分化
 2.2 時間における差分化
 2.3 解析例
 2.4 例題

3.モーメント法
 3.1 基礎事項
 3.2 分類
 3.3 例題

4.有限要素法
 4.1 変分法
 4.2 定式化
 4.3 例題

5.応用例
 5.1 材料定数測定
 5.2 電子レンジ解析
 5.3 伝送線路解析


【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。