製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 4/12】光学樹脂における屈折率・複屈折の考え方とその測定・制御

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年02月11日 /  化学・樹脂 電子・半導体 光学機器
イベント名 光学樹脂における屈折率・複屈折の考え方とその測定・制御
開催期間 2024年04月12日(金)
10:30~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年04月11日(木)15時
お申し込み

<セミナー No 404203>

【Live配信セミナー】

光学樹脂における

屈折率・複屈折の考え方とその測定・制御

 

★透明と高分子結晶性,透明と高分子熱特性との関連は?
★ゼロの屈折率・負の屈折率の考え方とは?
★VR機器,高画質対応樹脂レンズ,有機EL,次世代ディスプレイなどにも共通する知識を学ぶ

 

■ 講 師

東京工業大学 物質理工学院 材料系 助教 博士(工学) 久保山 敬一 氏

 

■ 開催要領
日 時 :2024年4月12日(金) 10:30~16:30
会 場 :Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき55,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕
〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                         
【講座の趣旨】

   本講座では,光学樹脂を取り扱う上で重要な特性の一つである複屈折について,入門者を対象に基礎から測定法・制御法までを解説する。また,複屈折と関連して屈折率についても解説する。


【セミナープログラム】

1.屈折率の基礎
  1.1 屈折率とは
  1.2 屈折率と分極率
  1.3 原子団寄与法による屈折率の計算
  1.4 波長分散
  1.5 分子構造と屈折率の関係とその波長分散

 

2.複屈折の基礎
  2.1 複屈折とリタデーション
  2.2 波長分散
  2.3 高分子における複屈折
    2.3.1 ゴム状態における応力複屈折
    2.3.2 ガラス状態における応力複屈折  

 

3.複屈折の測定法
  3.1 ジョーンズベクトルによる偏光の表記  
  3.2 各種測定法
    3.2.1 アッベ屈折計
    3.2.2 べレックコンペンセータ
    3.2.3 セナルモン法
    3.2.4 平行ニコル法
    3.2.5 透過率スペクトルによる測定法
    3.2.6 光弾性変調器による測定法

 

4.高分子の屈折率制御法
  4.1 屈折率制御の考え方  
  4.2 屈折率制御の例

 

5.高分子の複屈折制御法
  5.1 複屈折制御の考え方
  5.2 ホモポリマーにおける波長分散
  5.3 複屈折制御の例

 

【質疑応答】

 

※セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※なお,「2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に

ご入力をお願いいたします」