製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 5/27】神経障害性疼痛の最新治療とメディカルニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
医薬品/医療機器・材料/食品/化粧品:セミナー  / 2024年04月03日 /  医療・バイオ
イベント名 神経障害性疼痛の最新治療とメディカルニーズ
開催期間 2024年05月27日(月)
10:30~16:00
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 オンライン※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2024年05月24日(金)14時
お申し込み

<セミナー No.405104>

神経障害性疼痛の

最新治療とメディカルニーズ

 


★ 痛みの分類に関する最近の話題や、神経障害性疼痛の難治化するメカニズム
★ 糖尿病診療医、薬剤師、ペインクリニシャンそれぞれの立場から治療とニーズを語る!

--------------------------------------------------

■講師
【第1部】 鹿児島大学病院 総合臨床研修センター/糖尿病・内分泌内科 特例准教授 出口 尚寿 氏
【第2部】 慶應義塾大学病院 薬剤部・緩和ケアセンター 緩和ケアセンター専任薬剤師 金子 健 氏
【第3部】 兵庫医科大学病院 ペインクリニック部 教授 高雄由美子 氏

■聴講料
1名につき55,000円(消費税込、資料付き)
1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円(税込)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。
詳しくはお問い合わせください。


■Live配信セミナーの受講について
・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。


プログラム                                                                                    

【10:30~12:00】
【第1部】 難治性掻痒症治療薬の研究開発と痒みの最新メカニズム
鹿児島大学病院 総合臨床研修センター/糖尿病・内分泌内科 特例准教授 出口 尚寿 氏

【講座主旨】
  わが国実臨床おける糖尿病性末梢神経障害性疼痛(DPNP)の治療満足度は低い実態があります。これは、糖尿病診療医の多くがDPNPの診断と治療に精通しておらず、漸増や併用を要するDPNP治療薬を十分使いこなせていないことが一因と考えられます。DPNP患者のニーズに応えるために、十分な疼痛抑制効果、速効性、忍容性があり、用量調節不要な薬剤が開発されること、そして糖尿病診療医がDPNP患者に向き合う機運が生まれることが期待されます。

【講座内容】

1.糖尿病性多発神経障害(diabetic polyneuropathy: DPN)
 ① 細小血管症とdying back型軸索変性(軸索長依存性障害)
 ② 病態(ポリオール代謝異常を中心に)
 ③ 小径神経障害、大径神経障害、陽性症状と陰性症状
 ④ 感覚、運動、自律神経障害

2.DPNの診断~簡易診断基準
 ① 必須項目
 ② 条件項目(自覚症状、アキレス腱反射、振動覚検査)
 ③ 注意事項

3.DPNの臨床病期分類
 ① 前症候期(簡易診断基準満たさない)
 ② 無症状期(自覚症状なし、神経学的異常のみ)
 ③ 症状期前期(感覚系陽性症状出現)
 ④ 症状期中期(明らかな自律神経障害、感覚系陰性症状進行)
 ⑤ 症状期後期(運動神経障害)

4.糖尿病性末梢神経障害性疼痛(diabetic peripheral neuropathic pain: DPNP)
 ① DPNPの診断と治療
 ② DPNP治療ガイドライン(JSPC)
 ③ 最近のエビデンスとADAコンセンサス
 ④ DPNP治療アルゴリズム(私案)?保険適用を考慮して

5.わが国のDPNP治療の現状と問題点

6.新薬に期待すること?NSAIDのような?

【質疑応答】
---------------------------------------------------------------


【13:00~14:30】
【第2部】 薬剤師の視点で神経障害性疼痛を再考する
慶應義塾大学病院 薬剤部・緩和ケアセンター 緩和ケアセンター専任薬剤師 金子 健 氏

【講座主旨】
  神経障害性疼痛は、痛覚受容器への刺激ではなく、末梢または中枢神経系の損傷または機能障害によって発生する。神経障害性疼痛は、疼痛疾患の中でも重症度が高く罹患期間が長いためQOLの低下が著しい。
がん患者では、末梢神経、神経叢、脊髄、脳へのがんの浸潤、手術療法、薬物療法や放射線治療などが原因となり、難治性疼痛となるケースも少なくない。
通常の鎮痛薬のみでは十分な除痛ができずに、鎮痛補助薬を使用または併用することが多い。さまざまな薬剤が鎮痛補助薬として使用されているが、質の高い臨床研究は少なく、本邦において疼痛に関連する適応症を有する薬剤は限られている。
このように患者のQOL低下の要因の一つである神経障害性疼痛について薬剤師の立場から症例を交えて現状について述べることとする。

【講座内容】

◆ 神経障害性疼痛のキホン
・神経障害性疼痛の概論
・非がん患者の神経障害性疼痛
・がん患者の神経障害性疼痛
・ガイドラインや論文から見た神経障害性疼痛の治療(薬物療法・非薬物療法など)

 

◆ 実症例からがん患者の神経障害性疼痛を再考 など

【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 


【14:45~16:00】
【第3部】 これだけは知っておきたい!痛みと神経障害性疼痛を理解する
兵庫医科大学病院 ペインクリニック部 教授 高雄由美子 氏

【講座主旨】
  神経障害性疼痛は難治化慢性化しやすく、通常の鎮痛薬が効かないやっかいな病態である。神経障害性疼痛の治療薬の開発にあたっては、痛みについての基本的な知識が必須である。本講演では、痛みを学ぶ上で必要な解剖から、痛みの分類に関する最近の話題や、神経障害性疼痛の難治化するメカニズムや薬物療法、ペインクリニックでの取り組みについて紹介する。

【講座内容】

① 痛みについて
 ・痛みの定義
 ・知っておきたい解剖
 ・痛みの伝達経路
② 痛みを分類する
 ・侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、痛覚変調性疼痛とは
 ・急性疼痛と慢性疼痛の違いと慢性疼痛に関する最近の話題(ICD-11)
③ 神経障害性疼痛について 
 ・神経障害性疼痛とは何か
 ・原因疾患、
 ・どうやって診断するのか
 ・神経障害性疼痛の治療 薬物療法、インターベンショナル治療
④ 痛み、特に神経障害性疼痛はどうして難治化するのか
 ・わかってきたメカニズム
 ・集学的治療とは



セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。


2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は
【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に
ご入力をお願いいたします