製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 7/8】SP値・HSP値(溶解性パラメータ)の考え方,測り方,各種材料分野での活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年05月12日 /  医療・バイオ 化学・樹脂 試験・分析・測定
イベント名 SP値・HSP値(溶解性パラメータ)の考え方,測り方,各種材料分野での活用法
開催期間 2024年07月08日(月)
10:00~17:00
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年07月07日(日)15時
お申し込み

<セミナー No 407202>

【Live配信セミナー】
SP値・HSP値(溶解性パラメータ)

の考え方,測り方,各種材料分野での活用法

 

★溶ける/溶けない , 混ざる/混ざらない ,くっつく/剥がれる ,ぬれ,相溶性 ・・・ などの数値化と考え方
★測定や計算に適した試験装置の選び方,使い方
★欧米における「SP値」利用の活発化に関する動き

 

■ 講 師
【第1部】関西大学 副学長 研究推進部長 社会連携部長 環境都市工学部

             教授 工学博士 山本 秀樹 氏
【第2部】テクノリエゾン事務所 代表 今井 昭夫 氏
【第3部】エーピーエス リサーチ 代表 若林 一民 氏
【第4部】マジェリカ・ジャパン(株) 代表取締役 博士(工学) 池田 純子 氏

              (東北大学多元物質科学研究所 客員准教授)

 

■ 開催要領
日 時 :2024年7月8日(月) 10:00~17:00
会 場 :Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき66 ,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につ60,500円〕
〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                           

 

【10:00~12:15 ※途中休憩挟みます】
第1部 溶解性パラメータ (SP値・HSP値)の基礎と応用技術

 

●講師 関西大学 副学長 研究推進部長 社会連携部長 環境都市工学部 教授 工学博士 山本 秀樹 氏

 

【セミナープログラム】

1.溶解性パラメータ(SP・HSP)の基礎
  1.1 Hildebrandの溶解度パラメータ(SP値)の定義
  1.2 Hansenの溶解度パラメータ(HSP値)の基礎
  1.3 溶解性パラメータによる材料開発への評価

2.機能性材料開発におけるHansen溶解球の応用と実用例
  2.2 Hansen溶解球の考え方およびHansen-3Dプロットの利用法
  2.3 Hansen溶解球法によるHSP値の種々の測定方法
  2.4 Hansen溶解度パラメータ微粒子分散性評    
                  (DLD法,浸透速度法,IGC法)
  2.5 界面活性剤のHansen溶解度パラメータ
  2.6 Hansen溶解度パラメータの材料開発へのその他の応用    

3.Hansen溶解度パラメータの将来展望について

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【13:00~14:15】
第2部 ポリマー設計,アロイ,相溶化などにおける「SP値」の考え方とその応用

 

●講師 テクノリエゾン事務所 代表 今井 昭夫 氏
 
【講座の趣旨】
  社会環境や産業構造の変化に伴って,高分子材料の要求性能・機能の高度化が 益々進展しており,各種の新規な高分子アロイ材料や高分子複合材料の開発が急がれている。 開発計画策定時や開発研究進行時には,これら素材や配合剤の選定・複合化 における各成分間の親和性の事前判定が開発の成否を決定するが, このための厳密な実験検討には多くの時間や人手を要する。 これを回避し,簡便に見定める手法として,各材料のSP値を知って, 比較し選定することが有用であり,現実の開発計画を迅速に策定・進行することができる。 本講座ではSP値の考え方や,開発に適用する際の可能性と限界など, 工業的開発への適用を主要な視点として解説する。

 

【セミナープログラム】
1.ポリマーアロイ材料設計の基礎:
  1.1 混合と溶解,相溶性と非相溶性,混和性
  1.2 ポリマーアロイのモルフォロジー,
  1.3 モルフォロジーと物性

2.溶解度パラメーター(SP値)とは?
  2.1 混合の熱力学とSP値
  2.2 ポリマーのSP値の意味合い
  2.3 材料毎のSP値の決定と推算
  2.4 ポリマーのSP値とポリマーアロイ(ブレンド)のモルフォロジー
  2.5 SP値の適用の可能性と限界

3.SP値をベースとしたポリマーアロイの開発事例
  3.1 ポリマーアロイの材料選定とSP値
  3.2 相容化剤の設計とSP値
  3.3 高分子や複合材料の改質とSP値
  3.4 SP値を意識した新規相溶系ポリマーアロイ材料の開発

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【14:30~15:45】
第3部 接着接合分野におけるSP値の応用

 

●講師 エーピーエス リサーチ 代表 若林 一民 氏
 
【講座の趣旨】
  接着(接着接合)で,被着材と接着剤のSP値(Solubility Parameter)の近似したものは,接着しやすい。そしてSP値の近似した物質同氏は親和性があり,混合したときに良く相溶する。  以上をいくつかの事例で証明したい。  接着(接着剤接合)において,被着材と接着剤の SP値(Solubility Parameter)の近似した ものはくっつきやすい(接着しやすい)といわれている。  またSP値の近似した物質同士は親和性があり, 混合したときに相溶性がある。以上をいくつかの事例で証明したい。

 

【セミナープログラム】
1.接着の仕組み
  (何故接着するのかの疑問に応える)
   1.1 「ぬれ」は接着の第一歩
       ・ぬれ 
       ・接触角 
       ・表面張力 
       ・接着の仕事 
       ・SP値
   1.2 接着界面の強さ
      ・拡散浸透 
      ・機械的結合(アンカー効果) 
      ・化学結合 
      ・水素結合 
      ・金属結合
      ・二次結合
   1.3 接着剤の強さ(凝集力と粘弾性)

2.接着・接着剤におけるSP値の役割
   2.1 SP値とは
   2.2 SP値の近似したものは親和性がある

3.接着・接着剤への応用
   3.1 クロロプレンゴム系溶剤形接着剤の溶剤組成の決定
   3.2 溶剤によるプラスチックの接着(溶剤接合法)
      3.2.1 適正溶剤の選定
      3.2.1 プラスチックの結晶化度と溶解性
   3.3 接着剤を選定するときの指針

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【16:00~17:00】
第4部 パルスNMRによる粉体微粒子,分散系における「HSP値」の考え方とその測定法

 

●講師 マジェリカ・ジャパン(株) 代表取締役 博士(工学) 池田 純子 氏
      (東北大学多元物質科学研究所 客員准教授)

 

【講座の趣旨】
  微粒子のHPS値は粒子径や分散安定性から算出する手法もあるが,パルスNMR(TD-NMR) でも可能である。本講座ではパルスNMRによるHSP値の算出法を濡れ性評価の理論や原 理から実例を用いて解説する。

 

【セミナープログラム】
1.パルスNMRによる緩和時間とは
  1.1 測定原理
  1.2 運動性評価と分散体評価の違い

2.パルスNMRによる粒子界面特性評価 ・ 濡れ性評価
  2.1 パルスNMRによる粒子界面特性評価 ・ 濡れ性評価
  2.2 ロットの異なる粉体の界面特性評価 例

3.パルスNMRによる微粒子のHSP値算出法
  3.1 金属酸化物粉体の表面処理有無による評価事例
  3.2 金属酸化物粉体に適した混合溶媒比 算出法の提案

 

【質疑応答】

 

※セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※なお,「2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に

ご入力をお願いいたします」

サイト内検索
セミナー・書籍新着情報
カテゴリー別
技術情報協会アーカイブ