製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 7/18】自動車における熱マネージメント技術と求められる技術・部品・材料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年05月12日 /  自動車 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 自動車における熱マネージメント技術と求められる技術・部品・材料
開催期間 2024年07月18日(木)
10:00~17:00
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年07月17日(水)15時
お申し込み

<セミナー No 407205>

【Live配信セミナー】
自動車における

熱マネージメント技術と求められる技術・部品・材料

 

★ 断熱材,遮熱塗料,ヒートポンプ,フィルムヒーター … 自動車メーカーの採用の動き
★ EVに必要な熱量,熱の発生源と効率運用,電池の放熱冷却などの最新技術

 

■ 講 師
(元)カルソニックカンセイ 原 潤一郎 氏

  <略歴> 1981年~1995年 日産自動車
         1995年~2019年 カルソニックカンセイ(現・マーレ)

  <受賞歴>自動車技術会論文賞(SLIM論文,2013年),
        自動車技術会部門貢献賞(1Dシミュレーションによる解析,2014年) 他

  関連テーマの講演・執筆多数

 

■ 開催要領
日 時 :2024年7月18日(木) 10:00~17:00
会 場 :Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき55,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                       
【講座の趣旨】

  地球温暖化防止のため電気自動車などへの移行が始まったものの,ウクライナ情勢によりエネルギ費の高騰などの問題が起きています。これにより将来駆動源の選択も混沌とし,将来駆動源を捉えなおすとともに,種々の駆動源に必要な熱マネジメント技術がさらに重要になっています。  電動化以上に重要なのは自動運転技術の普及です。移動中の車内で,いかに快適に過ごせるかが最大の課題になります。クルマを選ぶ基準が燃費から快適性に切り換わろうとしています。本講では,これらの熱マネジメント技術を包括的に解説します。


【セミナープログラム】

第1部 電動車用エアコン,エアコンシステムの改良,駆動用電池の温度管理

1.1 電動車用エアコン
  ・方式と現行空調システムとの比較
  ・低外気温への対応
  ・テスラ,BYDのヒートポンプサイクル
  ・ヒートポンプサイクルの優劣比較
  ・マルチコントロールバルブ(オクトバルブなど)
  ・水流れ切り換え型ヒートポンプ
  ・急速充電対応
  ・廃熱利用の可能性は
  ・ヒートポンプとその課題
  ・ハイブリッド車用エアコン
  ・PHEV(プラグインハイブリッド車)用エアコン

1.2 エアコンシステムの改善
  ・空調シート
  ・内部熱交換器
  ・換気熱回収
  ・デシカント空調
  ・CO2冷媒によるエアコン
  ・空調快適性
  ・温冷感
  ・人体温熱快適性からみた最適加熱部位

1.3 駆動用電池の温度管理
  ・電池の温度管理と寿命
  ・温度管理例
  ・事前冷却
  ・理想的な温度管理方法
  ・今後の電池への対応
  ・全固体電池の場合

 

【質疑応答】


第2部 自動運転の熱マネジメント,空調システムの変化,冷却系と熱交換器  

2.1 自動運転の熱マネジメント
  ・自動運転化に伴う課題
  ・自動運転車における差別化技術と求められる技術・材料

2.2 空調システムの変化による部品,内装材の動向
  ・ガラス
  ・調光ガラス
  ・断熱材
  ・真空断熱材
  ・フィルムヒーター
2.3 今後の自動車用冷却系と熱交換器
  ・熱交換器の変遷
  ・モーター,インバーター冷却系
  ・水冷インタークーラーの目的
  ・蓄冷エバポレーターの採用と採用廃止
  ・水冷コンデンサーの目的

 

【質疑応答】


第3部 駆動用モーターとINV冷却,新しい冷却方式,古典的熱マネジメント

3.1 駆動用モーターとインバーター冷却

3.2 新しい冷却方式
  ・沸騰冷却
  ・磁気冷凍

3.3 古典的熱マネジメント
  ・自動車の排熱一覧
  ・排熱回収/蓄熱システムおよび蓄熱材料
  ・ケミカルヒートポンプ
  ・熱電素子
  ・ランキンサイクル
  ・熱負荷軽減

 

【質疑応答】


第4部 駆動源変遷とエネルギー問題 

4.1 駆動源についての現状確認
  ・フラッシュニュース(最近の動向まとめ)
  ・電気自動車(EV)の販売動向

4.2 生き延びるための3つの方策
  ・LCA評価 ・エネルギー情勢
  ・勝つための3つの方策

 

【質疑応答】

 

※セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※なお,「2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に

ご入力をお願いいたします」

サイト内検索
セミナー・書籍新着情報
カテゴリー別
技術情報協会アーカイブ