製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 8/6】ガラスの破壊と強度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年06月09日 /  化学・樹脂 セラミックス 電子・半導体
イベント名 ガラスの破壊と強度
開催期間 2024年08月06日(火)
10:00~17:00
会場名 ZOOMを利用したLive配信
会場の住所 東京都※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2024年08月05日(月)15時
お申し込み

 <セミナー No.408212>

 

【Live配信セミナー】

 

ガラスの破壊と強度

-板ガラスの破壊現象と強度測定法-

 

★ 難解なガラスの破壊、強度に関する情報を整理!

-----------------------------------------------------------------------------------------------

■講師

GMS研究所 代表 博士(工学) 荒谷 眞一 氏
(元・セントラル硝子(株)、元・帝京大学)

 

■聴講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き) 

1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

 ■Live配信セミナーの受講について

・本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。

・パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
 お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。

・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

プログラムあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

【講座の概要】
ガラスは、透明で、燃えにくく、経年劣化もほとんどない上に任意の形状に切断できるという特徴をもったすばらしい素材です。その組成や構造を変えることにより、希望の特性を得ることも可能です。一方、ガラスは代表的な脆性破壊を示す材料でもあり、安全性を検討する上で強度や破壊現象の把握は極めて重要です。ガラスの破壊は、ガラス組成、強化度の違い、クラック伝播と分岐、破壊モードや負荷の違い等により大きく異なります。このため、多くのガラス強度測定法が提案されていますが、破壊やクラック伝播の状況を的確に把握するのは簡単ではありません。また、板ガラス商品として多くの商品が市場に出ていますが、それぞれの破壊現象も大きく異なります。ガラス商品の特徴を踏まえた強度評価がそれぞれ必要ですが、意外となされていないのが実情です。この原因として、ガラスの破壊や強度に関する情報は明確に整理されているとは言えず、有効な利用がなされていない点が挙げられます。
ガラスの破壊や強度に対してどのように考えるべきか、どのような強度測定を行うべきかという観点でお話します。また、ガラスに関わる多くの皆さんが悩んでいるガラス切断についても簡単にお話します。これらの情報を得ることにより、ガラスに携わっている研究者や技術者に加え、品質管理や他の関連部門の方々にも大いに役立つことを願っています。


1.ガラスと破壊の基礎
 1-1 ガラスの特徴と利用分野
 1-2 板ガラスの主な特性
 1-3 脆性破壊と延性破壊
 1-4 ガラスの破壊と表面欠陥
 1-5 応力と歪

 

2.破壊と強度に寄与する因子
 2-1 ガラス組成
 2-2 破壊モード
 2-3 水分
 2-4 圧縮応力と引張応力
 2-5 主応力と垂直応力則
 2-6 応力拡大係数

 

3.板ガラス商品とその破壊現象
 3-1 板ガラスとその破壊現象
 3-2 フロートガラスの製造とその破壊現象
 3-3 網入りガラスの製造とその破壊現象
 3-4 合わせガラスの製造とその破壊現象
 3-5 熱強化ガラスの製造とその破壊現象
 3-6 化学強化ガラスの製造とその破壊現象

 

4.ガラス強度測定方法
 4-1 ガラス強度測定の基礎
 4-2 Strength レベル (4点曲げ法,3点曲げ法,同心円負荷曲げ法)
 4-3 Safety レベル  (ショットバッグ試験、タイヤ試験、ボール試験)
 4-4 Security レベル (防犯試験、防弾試験、台風災害試験,衝撃波試験)
 4-5 熱的破壊強度(熱割れ試験,水中投下法)

 

5.ガラス強化と強化メカニズム
 5-1 ガラス強化の考え方
 5-2 熱強化ガラス
 5-3 化学強化ガラス

 

6.ガラス切断
 6-1 ガラス切断の考え方
 6-2 ガラスカッターによる切断
 6-3 切断液(雰囲気)の影響

 

【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。