製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 7/29】セラミックス合成・成形時に用いられるバインダー(結合剤)および添加剤・薬剤の種類と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年06月09日 /  化学・樹脂 セラミックス 電子・半導体
イベント名 セラミックス合成・成形時に用いられるバインダー(結合剤)および添加剤・薬剤の種類と使い方
開催期間 2024年07月29日(月)
10:00~17:00
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年07月28日(日)15時
お申し込み

<セミナー No 407208>

【Live配信】
セラミックス合成・成形時に

用いられるバインダー(結合剤)および添加剤・薬剤の種類と使い方

 

★セラミック材の種類と,添加剤成分との相性,用法・用量のポイント
★次世代半導体,高精細化・三次元対応などへの展望・その可能性

 

■ 講 師
【第1部】昭栄化学工業(株) 取締役 野村 武史 氏
【第2部】(株)クラレ ポバール研究開発部 主管 淺沼 芳聡 氏
【第3部】(株)KRI スマートマテリアル研究センター ハイブリッドマテリアル研究室

             主任研究員   博士(工学) 林 裕之 氏
【第4部】ビックケミー・ジャパン(株)  
        シニアソリューションナビゲーター 若原 章博 氏  【第4-1部】   
         工業用添加剤部 次長 吉廣 泰男 氏  【第4-2部】

 

■ 開催要領
日 時 :2024年7月29日(月) 10:00~17:00
会 場 :Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき66 ,000円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につ60,500円〕
〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                           

【10:00~11:45】
第1部 セラミックスの合成と成形の基本

 

●講師 昭栄化学工業(株) 取締役 野村 武史 氏

 

【講座の趣旨】
  セラミック電子部品を例に,セラミックスの合成と成形の基本的考え方について解説する。半導体の周辺に数多く使用されている積層セラミックコンデンサやインダクタは必須の重要な電子部品である。これらに要求される特性を満足するためには材料の合成,成形,脱脂,焼成といった一連のプロセスが非常に重要であり,それらのポイントについて解説する。

 

【セミナープログラム】
1. はじめに

2. セラミックスの特性を支配する因子
  2.1 組成依存特性
  2.2 構造依存特性

3. 粉末合成方法
  3.1 ブレークダウン法
  3.2 ビルドアップ法

4. 粉末成形方法
  4.1 一軸加圧成形
  4.2 厚膜積層成形

5. グリーンシート及びバインダー
  5.1 信頼性と微細構造
  5.2 シートに要求される特性
  5.3 バインダー

6. 熱処理
  6.1 脱脂の基本
  6.2 焼成の基本

7. おわりに

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【12:35~13:45】
第2部 ポリビニルアルコール,ポリビニルブチラールおよび

それらのセラミックバインダー用途

 

●講師 (株)クラレ ポバール研究開発部 主管 淺沼 芳聡 氏

 

【講座の趣旨】

   本講座ではポリビニルアルコールの基礎(化学構造,物性等),代表的な用途,そのセラミックバインダー用途について, またポリビニルブチラールの基礎,そのセラミックバインダー用途についても解説する。

 

【セミナープログラム】
1.ポリビニルアルコールの基礎(化学構造,特徴,物性等)

2.ポリビニルアルコールの代表的な用途

3.ポリビニルアルコールのセラミックバインダー用途

4.ポリビニルブチラールの基礎(化学構造,特徴,物性等)

5.ポリビニルブチラールのセラミックバインダー用途

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【13:55~15:05】
第3部 (低環境負荷型の)セラミックス成形用のバインダーについて

 

●講師 (株)KRI スマートマテリアル研究センター ハイブリッドマテリアル研究室 主任研究員 博士(工学) 林 裕之 氏
 
【セミナープログラム】
1.セルロースナノファイバーについて

2.セラミックス成形用の新たな添加剤としてのセルロースナノファイバー
  2.1 セルロースナノファイバーの保形性
  2.2 脱脂プロセスを省略できるメカニズム
  2.3 成形実験,焼成温度と成形密度,曲げ強度など

3.今後の展開や技術提案
  3.1 成形助剤,新しい配合組成
  3.2 ポーラス焼結体の検討
  3.3 流動性を担保したスラリーからのバルク体の合成
  3.4 気孔制御可能なスラリーの開発,他

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【15:15~17:00】
第4部 ~分散剤,湿潤剤,消泡剤,離型剤など~

セラミックス用の添加剤の種類とその使い方

 

●講師 ビックケミー・ジャパン(株)  
        シニアソリューションナビゲーター 若原 章博 氏  【第4-1部】   
         工業用添加剤部 次長 吉廣 泰男 氏  【第4-2部】
 
【第4-1部 基礎編 セミナープログラム】
  1,粒子の分散安定化:粒子のどこに着目するか
    ・粒子の表面と吸着性
    ・安定化のメカニズム
  2,湿潤分散剤の構造と特徴:安定な分散体をもたらす添加剤を知る
    ・湿潤剤と分散剤の違い
    ・湿潤分散剤の構成要素は吸着基と相溶性鎖
    ・湿潤分散剤の構造例と特徴点
  3,分散設計のポイント:どこに注意して分散配合を決めるか
    ・スラリーの粘性と評価
    ・マトリクスとの関係・相溶性
    ・塗布・乾燥性の配慮

 

【第4-2部 実践編 セミナープログラム】
  1,ファインセラミックス向け湿潤分散剤
    ・求められる分散特性と特徴
    ・主な湿潤分散剤の構造例
  2,溶剤系での分散事例
    ・実験と評価の条件
    ・分散結果
  3.その他関連評価項目
    ・湿潤分散剤の熱分解特性
    ・シート特性への影響

 

【質疑応答】 

 

 

※セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※なお,「2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に

ご入力をお願いいたします」