製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 8/20】「AI」や「MI」を用いた接着接合部の密着性解析・強度予測・その活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
化学・エレクトロニクス:セミナー  / 2024年06月09日 /  自動車 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 「AI」や「MI」を用いた接着接合部の密着性解析・強度予測・その活用
開催期間 2024年08月20日(火)
10:30~16:30
会場名 Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
会場の住所 東京都
お申し込み期限日 2024年08月19日(月)15時
お申し込み

<セミナー No 408205>

【Live配信】

「AI」や「MI」を用いた接着接合部の密着性解析・強度予測・その活用

 

★密着性解析の「機械学習」に必要なパラメータの集め方,分類整理,計算への落とし込み
★強度推定,密着寿命や破壊モードの予測,不具合箇所の推定,国内外での研究動向

 

■ 講 師

【第1部】(株)日立製作所 研究開発グループ 生産・モノづくりイノベーションセンタ

             材料プロセス研究部 主管研究員 理学博士 岩崎 富生 氏
【第2部】名古屋工業大学 物理工学類 教授 理学博士  尾形 修司 氏
【第3部】パナソニック ホールディングス(株) プロダクト解析センター

             信頼性ソリューション部 製品寿命解析課  課長  宇津木 覚 氏

 

■ 開催要領
日 時 :2024年8月20日(火) 10:30~16:30
会 場 :Zoomを利用したLive配信 ※会場での講義は行いません
Live配信セミナーの接続確認・受講手順は「こちら」をご確認下さい。
聴講料 :1名につき60,500円(消費税込み,資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につ55,000円〕
〔大学,公的機関,医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい〕

 

プログラム                                                                                                            
【10:30~14:00 ※途中60分休憩を挟む】
第1部 分子シミュレーションとマテリアルズ・インフォマティクスを活用した強接着界面の設計技術

 

●講師 (株)日立製作所 研究開発グループ 生産・モノづくりイノベーションセンタ 

            材料プロセス研究部 主管研究員 理学博士 岩崎 富生 氏

 

【セミナープログラム】
1.技術潮流

2.マテリアルズインフォマティクスの概要
  2.1 マテリアルズインフォマティクスよる最適設計とは
  2.2 最適 設計の流れ
  2.3 適用事例の概要

3.材料設計効率化の課題とアプローチ
  3.1 パラメータサーベイにおける課題
  3.2 課題へのアプローチと分子シミュレーション

4.マテリアルズインフォマティクスによる設計事例
  4.1 樹脂との密着性を向上させる金属の設計
  4.2 はんだの破断伸びを向上させる添加元素の選定
  4.3 環境・生体に適合する材料の界面密着強度を向上させる設計
  4.4 薄膜配線の信頼性を高める材料設計の事例

5.まとめ

 

【質疑応答】

 

----------------

 

【14:15~15:15】
第2部 電子レベルからの大規模シミュレーションで探る水分が接着力に及ぼす効果

 

●講師 名古屋工業大学 物理工学類 教授 理学博士  尾形 修司 氏

 

【講座の趣旨】
  自動車等のマルチマテリアル化においては異なる種類の素材の接合に接着剤が多用されるが,長期間使用すると水分の影響で接着力が低下する問題がある。この問題を接着剤内部および接着界面でのプロトン化という視点から調べるための第一原理的なシミュレーション手法と,それを実際に適用した結果について解説する。

 

【セミナープログラム】
1.対象系のモデル化
  1.1 実験結果
  1.2 接着剤としてのアミン硬化型エポキシ樹脂
  1.3 被着材としての酸化皮膜付きのアルミニウム
  1.4 湿潤環境での接着界面

2.計算手法
  2.1 電子状態の実空間グリッド型DFTコード
  2.2 ハイブリッド量子古典シミュレーション法
  2.3 全原子DFTを活用したプロトン化・脱プロトン化の理論予測法

3.計算結果
  3.1 ハイブリッド量子古典シミュレーション
  3.2 応力に依存したプロトン化・脱プロトン化
  3.3 プロトン化による共有結合ボンドの強度変化
  3.4 少数の水分子によるプロトン移動がもたらす接着力強化

【質疑応答】

 

----------------

 

【15:30~16:30】

第3部 機械学習を用いた接着の破壊モード予測や接着強度予測への応用の可能性

 

●講師 パナソニック ホールディングス(株) プロダクト解析センター 信頼性ソリューション部 製品寿命解析課 課長  宇津木 覚 氏

 
【講座の趣旨】

  接着剤選定に役立つ、機械学習を用いた接着性の予測に必要なデータの準備、 機械学習の活用法、注意点や発展性について解説する。


【セミナープログラム】

1.接着AI診断の概要
  1.1 接着ニーズの拡大について
  1.2 診断技術の概要紹介
  1.3 デモ動画

2.診断プロトタイプ開発秘話
  2.1 接着の理論
  2.2 破壊モードを決める因子の抽出
  2.3 データ取得から精度検証まで

3.診断技術のアップデート
  3.1 画像認識の適用
  3.2 寿命予測機能の追加
  3.3 接着強度予測

 

【質疑応答】

 

※セミナーの詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※なお,「2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は

【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄に

ご入力をお願いいたします」