製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
イベント

【Live配信セミナー 9/11】新規事業、新規R&Dテーマを社内で通すための経営層への説明・説得の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
研究開発マネジメント:セミナー  / 2024年07月02日 /  食品・機械 化学・樹脂 電子・半導体
イベント名 新規事業、新規R&Dテーマを社内で通すための経営層への説明・説得の仕方
開催期間 2024年09月11日(水)
10:00~17:15
会場名 Zoomを利用したLive配信
会場の住所 オンライン※会場での講義は行いません
お申し込み期限日 2024年09月10日(火)15時
お申し込み

セミナー№409512

 

【Live配信】

新規事業、新規R&Dテーマを社内で

通すための経営層への説明・説得の仕方

 

★小手先のアイデアによる新規事業企画では経営層からの承認は得られない!
★意思決定者の目線、テーマの意義・計画を意識し「Yes」と言わせる方法を大公開!

 

----------------------------------------------------------------------------------

 

■講師

1.知財務(株) 代表取締役 古庄 宏臣 氏

  (関西学院大学大学院 経営戦略研究科 兼任講師)

2.日沖コンサルティング事務所 代表 日沖 健 氏
3.倉敷紡績(株) 顧問(技術研究所・知的財産部担当) 八木 克眞 氏
4.日鉄ケミカル&マテリアル(株) 経営企画本部

      ゼネラルマネジャー 兼 大阪大学 招へい教授 宮永 俊明 氏

 

■聴講料

1名につき 66,000円(消費税込、資料付)

〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき60,500円(税込)〕

大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。

 

■Live配信セミナーの受講について
・下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test
・開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
・セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
・当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
・本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

 

 

プログラム                                                                                    

 

<10:00~11:30>
1.コア技術を活用した新規事業プランの作り方と経営層への提案方法
知財務(株) 古庄 宏臣 氏

 

【講演趣旨】
いま多くの経営層は、改めて現代ビジネスがハイリスクな環境にあることを意識されています。経営層のビジネスを見る目はシビアになり、小手先のアイデアによる新規事業企画で経営層の承認を得るのは難しいでしょう。一方で新規事業担当は、経営層がリスクを意識しているからこそ、自社のリスクを踏まえた真に開発すべき新規事業を構想すべきです。この真に開発すべき新規事業を構想するには、自社が有するコア技術の価値を再定義して新しい市場機会を捉える必要があります。本講演では、経営層に提案するための新規事業プランニングに必要な“経営目線”とそれを踏まえた“新規事業プランの要点”とは何か、コア技術を再定義して新しい市場機会を見出すには自社技術をどのように評価すべきかについて、講師の実務経験と事例も交えながら学んで頂きます。

 

【講演項目】
1.経営層を説得できる新規事業構想とは
 1-1.経営目線になる
 1-2.新規事業プランで何が必要か
  ・なぜ新規事業プランが否決されるのか
  ・承認される新規事業プランとは
 1-3.経営層から承認を得るためのコツ
2.コア技術の再定義
 2-1.強みを活かす技術転用の考え方
  ・ユーザーが求めている技術の本質とは何か
  ・強みに対する目線を変えてみる
 2-2.変化を捉えた市場機会の創出
  ・変化があるところに新たなニーズが生まれる
3.コア技術を活かした新規事業のプランニング
 3-1.新規事業の組み立て方
  ・事業ドメイン
  ・競合の把握
  ・STP分析
 3-2.まだ見ぬ新市場の想定
  ・新市場の創出とは
  ・新市場を推定する基準と推定方法
【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 

<12:15~13:45>
2.新規事業・R&Dテーマを社内で通すためのコツと説明・説得の仕方
日沖コンサルティング事務所 日沖 健 氏

 

【講演趣旨】
新規事業・R&Dテーマの提案で、提案者はアイデア・技術の卓越性を強調しますが、意思決定者は提案者とかなり違った観点で採否を判断しています。結果的に、卓越した新規事業・R&Dテーマの多くが不採用に終わります。このセミナーでは、石油会社の経営企画部門で新規事業を審査し、コンサルタントとして新規事業・R&Dテーマの提案を支援してきた講師が、企画を通すコツを事例紹介を交えて実践的に解説します。

 

【講演項目】
1.説明・説得の盲点
 1-1.アイデア・技術の卓越性は最低条件
 1-2.意思決定者は提案に批判的、メリットを並べるよりも…
 1-3.Yesと言わない理由
2.企画を通すコツ
 2-1.意思決定者の立場に立つ
 2-2.過去の経緯を調べ尽くす
 2-3.自社がどう変わるか?
 2-4.悪影響を示す
 2-5.フェルミ推定の精度を高める
3.意思決定者の心を動かすには?
 3-1.意思決定者の手柄にする
 3-2.ビビッドなイメージ
 3-3.わがこと意識
【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 

<14:00~15:30>
3.未来につながる新規事業や研究開発テーマの策定と承認の獲得
倉敷紡績(株) 八木 克眞 氏

 

【講演趣旨】
Society5.0の時代を迎え、先端技術を実装する活動が活発になっている。並行して、循環型社会へ適合する企業活動が求められ、研究・開発部門への要求も多様化している。コア技術やビジネスモデルといえども、この流れには抗えない。新しいテーマを提案するときは、何より「見える化」が重要で、既存事業を未来につなげるシナリオを理解してもらう必要がある。事業部門やスタッフ部門が納得できる取り組み・仕組みが必要になる。テーマの意義と計画が読み取れないと、事業部門はテーマの必要性が理解できずスタッフ部門は投資の決断ができない。

 

【講演項目】
1.はじめに
2.クラボウの紹介
3.新規事業のテーマ設定
 3-1.新規事業の定義
 3-2.ターゲットの設定
 3-3.組織マネジメントの事例
4.事業開発のロードマップ
 4-1.シナリオの策定
 4-2.ロードマップの創り方
5.開発テーマのオーソライズ
 5-1.経営層が求める研究・開発活動
 5-2.スタッフ部門とのコミュニケーション
 5-3.事業部門とのコミュニケーション
6.実現プロセスの最適化
7.まとめ
【質疑応答】

---------------------------------------------------------------

 

<15:45~17:15>
4.新規開発テーマ提案資料の作成と説明のポイント
日鉄ケミカル&マテリアル(株) 宮永 俊明 氏

 

【講演趣旨】
考案した新規開発テーマを、正式な研究テーマとして、予算と研究要員を確保して本格的に取り組むためには、他者(多くは上位者)を納得させなければならないが、これは正直簡単なことではない。なぜならば、「新規」=「未知の領域」への展開であり、上位者は責を負いたくない。しかしながら、新規を生み出さない企業に発展の芽はなく、新規は常に求められていることも事実である。すなわち、新規開発テーマが第一歩を踏み出せるか否かは、準備と説得のプロセスでもあり、それは説明資料成長のプロセスごとに準備及び考察すべきポイントが存在する。本講演では講演者の経験に基づき紹介する。

 

【講演項目】
1.提案のステージ
 1-1.誰に何を提案するのか?
 1-2.提案時にどこまで準備(考察)できているか?
2.新規開発テーマ提案の最初に考えること
 2-1.提案内容の位置づけの整理
  ・現在市場と顧客ニーズ
  ・他社にとっての市場と顧客にとっての市場
3.提案内容のブラッシュアップ
 3-1.最初から完璧な資料作成は無理
 3-2.提案書(企画書)の進化
4.3つの事例を参考に
 4-1.ブラッシュアップ
 4-2.国プロ提案書
 4-3.企画書
【質疑応答】

 

セミナーの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

2名以上同時にお申込される場合、2人目以降の方の情報は【弊社への連絡事項がございましたら、こちらにお書きください】欄にご入力をお願いいたします。

サイト内検索
セミナー・書籍新着情報
カテゴリー別
技術情報協会アーカイブ