製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
岩崎電気株式会社
製品・技術

照射サービス(耐候性試験/環境試験/超促進/信頼性評価試験)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年08月02日 /  環境 産業機械機器 試験・分析・測定

光照射環境試験

環境試験装置の製造・販売の他、お客様のニーズにお応えした照射サービスも承っております。
促進試験、耐熱試験、その他の環境試験など様々なニーズに対応します。
社内試験のアウトソースや、装置導入前のプレ試験など、ご要望の条件で試験の受託をいたしますので、お気軽にご相談ください。

仕様

試験装置小型機中型機大型機
槽内寸法(mm) W1100×D1000×H1000 W1400×D1400×H1750 W1700×D1600×H2300
温度制御範囲 -45℃~+120℃ -50℃~+150℃ -40℃~+150℃
湿度制御範囲 25%~95% 30%~95% 30%~95%
光照射方向 下向き 下向き・水平 下向き・水平
光照射開口(mm) 850×850(上面) (1000×1000)×2(上面・横面) (1100×1400)×2(上面・横面)
試験機外観

選べる日射条件

光源のスペシャリストの岩崎電気。UVランプからIRランプまで用途によって様々な日射条件が選定可能です。
各種国際規格(DIN、IEC、MIL、EPA、ASTM、ISO、JIS)に対応した試験をご相談承ります。
(例:DIN 75220、MIL-STD-8、IEC 60068-2-5:他太陽電池関連各種規格)

紫外線メタルハライドランプ
紫外線を積極的に放射し驚異的なスピードで劣化を促進させ、迅速に寿命を見極める超促進耐候性試験が可能です。
赤外線/ハロゲンランプ
赤外線を積極的に放射し、表面温度を上げるなど屋外と類似した高温環境を再現します。耐熱試験(表面)、冷熱サイクル試験に最適です。
日射用メタルハライドランプ(疑似太陽光)
IEC規格など太陽電池関連規格に適合する疑似太陽光を照射するソーラーシミュレータとしては勿論、ハロゲンランプとの混光仕様も可能です。
DIN規格対応光源ユニット
光源メーカーの岩崎電気が開発したメタルハライドランプと独自の光学設計により、ドイツの自動車関連規格(DIN75220)の放射スペクトルに合致した光源ユニットをご用意。DIN75220の照射試験が可能です。

試験事例

自動車用サンルーフユニットの超促進耐候性試験
超促進耐候性試験1
超促進耐候性試験2
超促進耐候性試験3

キセノンウェザーメーター/UVテスターによる照射サービス

耐候性試験装置の製造・販売の他、お客さまのニーズにお応えした照射サービスも承っております。
社内試験のアウトソースや、装置導入前のプレ試験など、ご要望の条件で試験の受託をいたしますので、お気軽にご相談ください。

アイ スーパーキセノンテスター(キセノンウェザーメーター)

試験装置


標準照度試料枠


強照度試料枠

試験方法 照射・照射及び噴霧・暗黒サイクルの各組合せが可能
放射照度標準照度試料枠 制御範囲:30~70W/m²
強照度試料枠 制御範囲:60~180W/m²
均斉度 90%以上
試料枚数標準照度試料枠 108枚[70×150mm]
強照度試料枠 54枚[70×150mm]
温度制御範囲コントロール範囲 照射時:40~110℃(BPT)※1
暗黒時:25~95℃(BPT)※1
湿度範囲コントロール範囲 照射時:20~75%RH
暗黒時:30~95%RH(但し設定条件による)

※1 BPT=ブラックパネル温度計

アイ スーパーUVテスター(超促進耐候性試験機)

試験装置 SUV-W161
SUV-W262
シャワー 照射時、及び結露・休止前後にシャワー可能
紫外線照度 150±8mW/cm²※2
均斉度 90%以上
温度制御範囲照射時(BPT)※3 50~85℃(室温20℃の時)
休止時(BPT)※3 35~75℃(室温20℃の時)
湿度制御範囲照射時 40~70%RH(BPT63℃の時)※3
休止時 50~90%RH(BPT50℃の時)※3
有効照射面積 80000mm² (190×422mm) 160000mm² (200×800mm)

※2 JIS規格対応の数値です(従来の照度計(UVP365-01)では100mW/cm²となります。)
※3 BPT=ブラックパネル温度計

UV-C(254nm)照射試験サービスのご案内

昨今のコロナ禍対策の一環としてUV-C除菌のニーズが高まっておりますが、殺菌線であるUV-C(254nm)は除菌するだけではなく、ゴムやプラスチックなどの樹脂をも劣化させます。
しかしながらUV-C(254nm)による劣化速度や状態などは樹脂の種類によって異なります。
そこで岩崎電気はUV-C(254nm)が照射可能な装置をご用意いたしました。

仕様

名称 UV-C耐久性評価用照射装置
仕様 25W×6灯用
有効照射寸法 250×300mm
照射距離 25mm
放射波長 254nm
処理時間 0~99min

IEC 60335-1 附属書Tについて

UV-C照射試験については、IEC(国際電気標準会議)規格に下記の規格があります。
IEC 60335-1 Household and similar electrical appliances - Safety - Part 1: General requirements Annex T (normative) UV-C radiation effect on non-metallic materials (IEC 60335-1 家庭用及びこれに類する電気機器の安全性 - 第1部:通則 附属書T 非金属材料へのUV-C放射の影響)

装置とテスト手順は、ISO 4892-1およびISO 4892-2に指定されているとおりですが、次の変更が加えられています。
ISO 4892-1のうち、改訂部分

 規格試験光源
光源 石英(※)で封止した低圧水銀ランプ GL15
(特殊殺菌線透過ガラス)
照度 10W/m²@254nm(1mW/cm²@254nm) 10mW/cm²@254nm
温度 ブラックパネル温度で63±3℃ 成り行き
湿度 必要に応じて4892-2参照(50±5%、20±10%、制御無し) 成り行き

※規格では石英製を求めていますが、石英を使用すると185nmも放射されてしまうので、通常の殺菌ランプでは石英では無い紫外線透過ガラスもしくは185nmを遮断する石英を使用しているガラスを使った光源としております。

UV-C耐久性試験及び一般的な耐候性試験の例

照射条件(照射サンプル:ポリカーボネート製スマートフォンケース)

条件UV-C照射UVテスター外暴露
 
照射装置 UV-C耐久性評価用照射装置 アイ スーパーUVテスター -
照度[mW/cm²] 12.3 150 -
分光分布 254nm 295-450nm 295-3000nm
温度[℃] - 63 -
湿度[%] - 50 -
照射条件 連続照射 照射1h/結露1h 連続照射
色差計 コニカミノルタ製 分光測色計 CM-600d
光沢計 BYK製 光沢計 GM-368A
備考 ステージ内に設置   弊社テクノセンター
(埼玉県行田市)
屋上南向き
屋外暴露装置

電子線(EB)

照射サービス・テストのご案内

試作から量産まで弊社EB設備を使ってお手伝いします。
「いきなりEB設備を入れるのはちょっと……」という方もご安心ください。
岩崎電気のグループ会社「アイ・エレクトロンビーム」ではEB設備を使ったEB照射サービスによって、お客さまの研究開発から製品生産までをお手伝いしています。
試作品製作、現行品改良のための技術検討、量産など、何でもご相談ください。
目標の設定から製品化までトータルでサポートします。

西日本エリアでも受託試験が可能に
大塚テクノ株式会社様にて岩崎電気のEB実験機を用いた電子線照射試験の受託がスタートしました。

研究・開発から生産化まで

  1. 研究開発はじめるにあたってのEB技術のコンサルティング
  2. 岩崎電気の設備を使用したお客様研究・開発/試作
  3. さらに、パイロット/小規模生産
  4. そして、受託加工/量産請負まで

設備紹介

実験機


写真は同系機です。

加速電圧 80~250kV
照射幅 300mm
照射方式 トレー搬送
トレーサイズ [Aタイプ]
300mm×300mm×深さ23mm
[Bタイプ]
200mm×150mm×深さ38mm

※研究開発、小サンプル製作に最適です。
※他のタイプもあります。

[Aタイプ](株)アイ・エレクトロンビーム、
[Bタイプ]大塚テクノ(株)に設置

パイロットライン

加速電圧 100~200kV
照射幅 450mm
グラビアコーティング、ラミネーションに対応
付帯設備 コロナ処理装置、塗料加温装置、簡易温風ヒータなど

※小スケールの連続試作に向いています。

(株)アイ・エレクトロンビームに設置

生産ライン

加速電圧 最大300kV
照射幅 1650mm
マルチパーパスラインを設備
簡易クリーンルーム内に設置

※量産スケールの試作から、受託加工まで対応します。

(株)アイ・エレクトロンビームに設置