製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
JEMICの最新情報

接触式温度計のJCSS 校正の温度範囲拡大と不確かさの低減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
JCSS校正 校正・試験  /  鉄/非鉄金属 セラミックス 試験・分析・測定

(「JEMIC計測サークルニュース 2014年7月」からの転載)

 

接触式温度計のJCSS 校正の温度範囲拡大と不確かさの低減

 

1.はじめに
 日本電気計器検定所(以下、JEMIC)は、独立行政
法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センターが保
有する温度標準の特定標準器(温度定点群実現装置)
からトレースされた特定副標準器を維持・管理してお
り、199 0年国際温度目盛(ITS-90)に基づいてjcss 校
正、JCSS校正及び一般校正による標準供給業務を行っ
ている。
 校正対象とされる温度計は、接触式温度計(白金抵
抗温度計、熱電対、指示計器付温度計等)及び放射温
度計(定点黒体炉、放射温度計等)である。今回、熱
電対、指示計器付温度計及び温度計校正装置について、
温度範囲及び校正対象の拡大を行い、さらに校正の不
確かさを低減したのでその概要を紹介する。

 

参加ポータル
試験・分析.com