製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
JEMICの最新情報

ひずみ校正器及び指示計(直流・交流電圧比)のJCSS校正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
一般校正 JCSS校正  /  産業機械機器 試験・分析・測定 先端技術

(「JEMIC計測サークルニュース 2015年1月」からの転載)

 

ひずみ校正器及び指示計(直流・交流電圧比)のJCSS校正

 

1.はじめに
 日本電気計器検定所(以下、JEMIC)の交流電圧比
の標準は、独立行政法人 産業技術総合研究所 計量標
準研究センター(以下、NMIJ)より標準の供給を受
け、JEMICから産業界へ供給を行っている。また、直
流電圧比の標準は、NMIJ より供給された直流電圧標
準を基にJEMIC において拡張し、交流と同様に産業
界への供給を行っている。これらの電圧比は、主に電
力、インピーダンス及び温度計測等で用いられること
が多くJEMIC においても、各測定量に応じた校正方
法等を確立し標準供給を行ってきた。
 一方、力測定等においても電圧比による測定が行わ
れており近年、電圧比標準のJCSS 校正の要求が高ま
ってきた。しかし、これまでのJEMIC における電圧
比標準の供給は、主に電気標準の分野で使用される誘
導分圧器あるいは標準分圧器といった機器を対象とし
てきた。そのため力測定において使用される力計の指
示装置や指示計を校正するひずみ校正器への標準供給
は、いくつかの技術的な課題もありJCSS 校正での供
給は困難であった。
 そこで、JEMICは新たに力測定に対応した交流・直
流の電圧比標準の構築を検討し、海外の校正機関との
比較等を経て、平成26年11月13日に電圧比測定装置の
登録事業者として登録されJCSS 校正を開始した。
 本稿では、力測定に対応した交流・直流の電圧比標
準のトレーサビリティ体系、校正範囲及び校正の不確
かさ等を紹介する。

参加ポータル
試験・分析.com