製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
コラム

要員 資格認定(JIS Q17025 改正ポイントの続き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ISO/IEC 17025:2017 JIS Q 17025:2018 JCSS校正  / 2018年09月03日 / 

 試験所及び校正機関の能力に関する要求事項を定めた国際規格の改正に整合させるため、JIS Q17025 の改正が行われました(2018年7月20日)。

 

---   JIS改正ポイントの続き (1)文書化する事項の追加  要員 資格認定   ---

 

 キーワード「要員 資格認定」という言葉から、思い起こされるのが「自動車の完成検査」に関するニュースです。

 

--  無資格検査はなぜ起こった?

--  検査員の認定テストでも不正---適格性も揺らぐ。

--  管理者と現場の「壁」
--  不正発覚後も検査不正は続いていた。

--  検査の形骸化が露呈。

 

 色々ありましたね。

 

 試験所及び校正機関の能力に関するJIS Q 17025:2018では、ラボラトリの運営の信頼性を高めるため、ラボラトリの活動範囲や要員の力量要求事項などの文書化を求められています。特に、ラボラトリの「能力」(要員の「力量」)を重視しているため、要員に対する力量の確保とその確認を明確化にする必要があります(第6章に規定)。

6.1 一般 

 ラボラトリは、ラボラトリ活動の管理及び実施に必要な要員、施設、設備、システム及び支援サービスを利用できるようにしなければならない。

6.2 要員(要員の力量要求事項の文書化)

  a) 力量要求事項の決定

  b) 要員の選定

  c) 要員の教育・訓練

  d) 要員の監督

  e) 要員への権限付与

  f) 要員の力量の監視

 

 このようにJCSS校正登録機関は、審査時には、ISO/IEC17025に従って、要員の確認が行われています。

 これからも更なる校正サービスの向上に努めてまいりますので、今後とも、JCSS校正試験をご利用いただきますよう、お願いいたします。

 

【オープンイノベーションで切り拓く新規事業創出を目指しています】

 

 JEMICは、低電圧(商用電圧)から高電圧(UHV)に至るまで、電力(量)測定(待機電力、消費電力等)を専門に計測器の校正等を行っている公正中立な機関です。

 特に、JEMICでは、取引証明に用いられる電気計器(スマートメーター等)の検定及び型式承認業務を行っており、電気に係る試験及び環境試験等を実施しています。これら電気計器に係る型式承認業務に使用している試験設備は一般公開(有料)しています。是非とも電気計器等以外の試験にもご利用ください。

 これからの電力業界の環境変化に対し、新たな課題に取り組み、多種多様な企業と共創することによって、解決できるよう取り組んでまいります。

 お客様からのご意見・ご相談・お問い合わせをお待ちしております。お気軽にご相談ください。

(事業開発室)

 

 

参加ポータル
試験・分析.com