製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
セミナーのご案内

質量計の校正と不確かさ評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

 JEMIC計測技術セミナーでは、現場に即した内容とするため外部講師には、業界の第一人者を起用しています。

 「質量計の校正と不確かさ評価」では、桑山重光氏を迎え、分銅及び電子式非自動はかりの校正の不確かさ評価と校正方法について、分かりやすく解説します。

 校正の実習では、実際に測定データを「観測紙」に記録し、不確かさの見積もり表の入ったエクセルシート上で計算し、校正結果を算出します。

 実習で使用したエクセルシートはお渡ししますので、現場でご利用いただけます。

 

ご受講戴いた方には、受講証明書を発行致します。

 

講師:桑山 重光 氏(株式会社 計量技術コンサル 代表取締役)

 通商産業省工業技術院計量研究所(現/国立研究開発法人 産業技術総合研究所)計測システム部計量標準供給室長及び計量標準管理官を歴任し、2001年に退官。

 その後、メトラー・トレド株式会社に入社して分銅とはかりのJCSS認定事業を立ち上げ、2007年に同社の技術顧問に就任。

 ・計量士

 ・一般社団法人 日本計量振興協会 計量士部会副会長

 ・東京計量士会 副会長

 

 ■対象:

 分銅及び電子式非自動はかりの校正実務経験が2~3年程度の方

 

■プログラム:

 1日目

1.分銅の校正の不確かさ評価

不確かさ要因及び算出方法、評価方法等について、解説します。

2.分銅の校正方法と手順

校正手順、校正の留意点等について、解説します。

3.分銅の校正実習

50g、100g、200gの分銅を用いて校正作業を行うことで、理解を深めます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2日目

1.電子式非自動はかりの校正の不確かさ評価

不確かさ要因及び算出方法、評価方法等について、解説します。

2.電子式非自動はかりの校正方法と手順

校正手順、校正の留意点等について、解説します。

3.電子式非自動はかりの校正実習

実際に校正作業を行うことで、理解を深めます。

 

■受講料(税込):

 61,560円

 

今年の開催はこちら

 

■お問い合わせ先:

 日本電気計器検定所 セミナー事務局 長谷川

参加ポータル
試験・分析.com