製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
コラム

【紹介】高調波測定器の校正(低周波EMC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
校正・試験  / 2019年03月19日 / 

高調波電圧・電流について 

 

 半導体を応用した機器の多くは電力系統に高調波電流を流出し、電力系統の電圧ひずみを増大させ、この電圧ひずみが電力系統に接続される他の需要家の機器(特に高圧進相コンデンサやその直列リアクトル)に悪影響を及ぼします。

 その対策として、需要家は電力系統に流出する高調波電流を抑制することが必要となります。

 「高圧又は特別高圧で受電する需要家の高調波抑制対策ガイドライン(平成6年制定、平成16年改正)」において、高圧又は特別高圧で受電する需要家を新設する場合、または高調波発生機器の新設・増設・更新する場合および契約電力相当値又は受電電圧を変更する場合(減設による契約電力相当値の変更は除く)は、電力系統に流出する高調波電流の上限値を超過しないことが必要と定められています。

 

 これからも更なる校正サービスの向上に努めてまいりますので、今後とも校正試験をご利用いただきますよう、お願いいたします。

(標準部)

 

 

 

参加ポータル
試験・分析.com