製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
製品試験・認証

ECHONET Lite規格及びECHONET Lite AIF仕様認証・試験業務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ECHONET Lite規格 ECHONET Lite AIF仕様 HEMS ZEH スマートハウス  / 2019年07月04日 /  IT・情報通信 EMS 家電・AV

JEMICのECHONET Lite規格及び

ECHONET Lite AIF仕様認証・試験業務

 ECHONET Lite規格、ECHONET Lite AIF仕様   ECHONET Lite規格、ECHONET Lite AIF仕様の認証を取得するためには   認証及び試験の申請

 試験の実施場所 

  

ECHONET Lite規格、ECHONET Lite AIF仕様

  ECHONET Lite規格(以下「EL規格」という。)は、火災センサ、人感センサなどのセンサからエアコン、照明機器、電動ブラインドなどの家電・住宅設備機器まで、100種類を超える家庭内の機器を制御するための規格です。 異なるベンダーの製品の相互接続を可能とすることで、家庭でのエネルギーの効率的な利用を管理するシステムやZEH(※1)の構築ができます。 ECHONET Lite AIF仕様(以下「AIF仕様」という。)は、重点8機器(※2)等とHEMSコントローラについて、異なるベンダー間での相互接続性をさらに確実にするための仕様です。   

 

ECHONET Lite規格、ECHONET Lite AIF仕様の認証を取得するためには

 EL規格及びAIF仕様に適合した製品を開発し、認証を取得するためには、一般社団法人エコーネットコンソーシアム会員となり、メーカーコードを取得する必要があります。 

 

 

認証及び試験の申請

  EL規格及びAIF仕様の認証申請をお考えの方は、申請方法や認証費用等について御案内いたしますので、事業開発室認証試験事務局までご連絡ください。
 また、EL規格認証を受ける際に行う自己適合試験をJEMICで代行できますので、ご相談ください。
 なお、EL規格及びAIF仕様の認証、試験にかかる費用、期間、その他ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。 

  

試験の実施場所

 EL規格及びAIF仕様の認証試験の実施場所は、JEMICの本社及び支社・事業所(「持込試験」)又はお客様の指定場所(「オンサイト試験」)があります。  なお、AIF仕様対象機器の持込試験及びオンサイト試験の実施可否は、以下の表のとおりとなっています。

  

対象機器 持込試験 オンサイト
(H)EMSコントローラ
スマート電力量メータ
家庭用エアコン
照明機器
蓄電池
住宅用太陽光発電
給湯器(電気温水器、瞬間式給湯器)(※3) ×
燃料電池(※3) ×
電気自動車充(放)電器
業務用パッケージエアコン
業務用ショーケース
照明システム

 

※1 ZEH(ゼッチ):1年間で消費するエネルギー量を概ねゼロ以下となる住宅(ゼロエネルギーハウス)

※2 重点8機器:家庭部門の省エネルギーを推進するため、エネルギーに関連が深い家電や住宅設備機器の中から国が定めたもので、スマートメーター、エアコン、照明機器、蓄電池、太陽光発電、電気自動車充放電器、給湯器及び燃料電池が該当する。

※3 条件により、持込試験も可能です。詳しくは、認証試験事務局にお問い合わせください。

※ ECHONET、ECHONET Lite及びECHONET Lite AIFは(一社)エコーネットコンソーシアムの商標です。

参加ポータル
試験・分析.com