製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電気・温度・光・磁気に関する試験なら日本電気計器検定所
セミナーのご案内

知っておきたい不確かさの評価法 応用編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
セミナー  /  自動車 試験・分析・測定 建設・プラント

 実際に行われている測定では、得られた測定値が直接測定結果になるケースばかりでなく、計算式により測定結果を算出することがあります。本セミナーでは、感度係数や有効自由度を考慮した不確かさ評価など、「不確かさの基礎」では紹介しなかった不確かさの求め方について、演習を織り交ぜて解説します。不確かさの計算方法を理解されている方を対象とさせていただきます。

 

 

■対象:

 「不確かさの基礎」を受講された方

 実務で不確かさ評価が必要な方

 不確かさ評価の経験がある方

 

■プログラム: 

1.不確かさ評価の概要
  「不確かさの基礎」のサマリー(計算方法の概要)
2.モデル式を用いた不確かさ評価について
  モデル式、偏微分と感度係数の関連を説明し、演習を行います。
3.有効自由度について
  有効自由度について説明後、演習を通して理解を深めます。

■確認テスト(20分)

   

■受講料(税別):

 33,000円

 

今年の開催はこちら

 

■お問い合わせ先:

 日本電気計器検定所 セミナー事務局 長谷川

参加ポータル
試験・分析.com