製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
日本無線株式会社
製品・技術

環境試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
環境試験  / 2022年05月25日 /  産業機械機器 電子・半導体 試験・分析・測定

高温・低温保存試験、温湿度サイクル試験

高温、低温、温度と湿度が繰り返し変化する環境下で、製品の耐久性を評価する試験です。
船舶に搭載する大型の空中線や背の高い無線通信基地局のラックなどの試験ができるよう、特注の大型恒温恒湿槽を各種取り揃えております。

スーパージャンボ 恒温恒湿室

スーパージャンボ 恒温恒湿室
  • 温度範囲:
    -40 ~ +80 ℃
  • 湿度範囲:
    10 ~ 95 %RH
  • 槽内寸法:
    W5000 × H2800 × D5000 mm
    (入口寸法:W2000 ×H 2700mm)
  • 温度上昇時間:
    +20 ℃ ~ +80 ℃まで45分以内(無試料)
  • 温度降下時間:
    +20 ℃ ~ -40 ℃まで60分以内(無試料)
  • 床耐荷重:
    1,000 kg/m²

ジャンボ/ハヤブサ/新ミドル 恒温恒湿槽

恒温恒湿槽1
恒温恒湿槽2
  • 温度範囲:
    -60 ~ +100 ℃
  • 湿度範囲:
    20 ~ 95 %RH
  • 槽内寸法:
    W1800 × H2800 × D2000 mm
    (入口寸法:W1800 × H2800 mm)
  • 温度上昇時間:
    +20 ℃ ~ +100 ℃まで30分以内(無試料、無発熱)
  • 温度降下時間:
    +20 ℃ ~ -60 ℃まで60分以内(無試料、無発熱)
  • 耐荷重:
    1,000 kg/m²

対応する規格

  • JIS C60068-2-1(IEC 60068-2-1)
  • JIS C60068-2-2(IEC 60068-2-2)
  • JIS C60068-2-30(IEC 60068-2-30)

試験実績

  • 船舶用搭載装置の性能確認
  • 無線通信基地局の性能確認

温度・減圧複合試験

温度・減圧複合試験
温度と圧力の両方を制御できる複合試験装置。
減圧により気圧0.1kPa(高度約50Kmの成層圏付近に相当)の環境まで試験が可能です。
  • 温度範囲:
    -70℃~+100℃
  • 温度上昇時間:
    +20℃~+100℃を60分以内(無負荷、無試料)
  • 温度下降時間:
    +20℃~-70℃まで120分以内(無負荷、無試料)
  • 圧力範囲:
    101.3~0.1kPa
  • 圧力上昇時間:
    101.3kPaまでを5分以内
  • 圧力降下時間:
    101.3~1.1kPaまで15分以内
  • 槽内寸法:
    W1000 × H1000 × D1000mm
    (入口寸法:W1000 × H1000mm)
  • 耐荷重:
    30kg

対応する規格

  • JIS C60068-2-13(IEC 60068-2-13)
  • JIS C60068-2-40(IEC 60068-2-40)
  • JIS C60068-2-41(IEC 60068-2-41)

試験実績

  • 製品の航空輸送による影響確認
  • 航空機搭載装置の性能確認

温度サイクル試験(冷熱衝撃試験)、断面カット観察

材料、部品、製品などに対し高温と低温の温度差を繰り返し与え、急激な温度変化に対する耐性を調べます。気槽式と液槽式の冷熱衝撃試験機を複数保有しております。

気槽式 冷熱衝撃試験装置

気槽式 冷熱衝撃試験装置
  • 槽内寸法
    650×460×670mm
  • 温度範囲
    低温槽:-70~0℃、
    高温槽:+60~+200℃

液槽式 冷熱衝撃試験装置

液槽式 冷熱衝撃試験装置
  • 槽内寸法
    150×150×200mm
  • 温度範囲
    低温槽:-65~0℃、
    高温槽:+60~+200℃

また、冷熱衝撃試験による基板の半田クラックの進行状況などを、断面カットによる観察を承っております。

断面カット1
断面カット2
断面カット33

対応する規格

  • JIS C60068-2-14(IEC 60068-2-14)

試験実績

  • 材料、部品の耐性確認
  • ICの半田付け状態の経年劣化確認

散水試験

電子部品や電子製品などが外部からの風雨、水しぶきなどを受けた場合の耐水性、防水性を確認評価する試験です。天井のノズルから雨滴を噴出し、レインシャワーテストが可能です。

散水試験1
散水試験2
散水試験3
  • 供給水圧
    0.4~0.52MPa
  • レインシャワー試験
    降雨量100mm/h(総送水量54L/min)
  • 内部寸法
    約:W5m×H5m×D6m

試験実績

  • 二輪用ETC、無線通信機器を搭載した特殊車両の影響確認

衝撃試験、振動試験、落下試験

衝撃試験により製品の耐久性や壊れ方を調査することで製品の品質確認を行います。
強度を確かめる試験は他にも、引張り・圧縮試験機、トルク角度試験装置など各種取り揃えております。

衝撃試験、振動試験、落下試験1
衝撃試験、振動試験、落下試験2

空圧加速式衝撃試験機 PEP-600MR

  • 加速方式:
    空気圧加速シリンダ
  • 衝撃制御方式:
    弾性パッド
  • 衝撃加速度波形:
    正弦半波
  • 最大搭載質量:
    300 kg
  • 落下台寸法:
    630 × 630 mm
  • 繰返し速度/回数 :
    毎分3回/最大99999回
  • 衝突速度:
    0.6 ~ 3.2 m/s(300 kg負荷時)
空圧加速式衝撃試験機1
空圧加速式衝撃試験機2

対応する規格

  • MIL-STD-202
新着ページ
月別ページ
ページカテゴリ一覧