製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
JAPAN TESTING LABORATORIES株式会社
製品・技術

IP試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
IP試験  /  試験・分析・測定

IP試験の概要

IP試験とは電気・機械製品の筐体の防塵・防水性能がどの程度の等級を満たしているかを評価する試験です。
世界的にはIEC規格であるエンクロージャによる保護等級IEC 60529に基づいた規格が使われており、日本ではJIS C 0920がこれに相当するものとして規格化されています。

弊社では対応規格は勿論、対応規格以外の条件でも製品の大きさや保護等級を考慮し、製品に合わせた試験方法にて実施することが可能です。
試験の実施だけでなく製品の試験前後特性評価も合わせてご依頼いただけます。
また、IP試験機以外の装置(恒温槽、冷熱衝撃試験機、など)も多数所有しておりますので、他試験を含めた複合試験のご依頼も承ります。
製品に合わせた多種多様の試験条件下での試験をご提案いたします。

対応規格

耐水: IEC 60529、ISO 20653、JIS-D-5020、JIS-0920、JIS-D-0203(S1,2/R1,2)
耐塵: IEC 60529、ISO 20653、JIS-D-5020、JIS-0920、JIS-D-0207、
JIS-C60068(La2)

保有設備の紹介

  SH-C(タルク用) SH-C(ACダスト用) SH-F(JIS浮遊) SH-FC(JIS浮遊-気流関東ローム8種用)
装置 耐塵試験機 耐塵試験機 耐塵試験機 耐塵試験機
メーカー 板橋理化工業 板橋理化工業 板橋理化工業 板橋理化工業
型式 SH-C
(タルク用)
SH-C
(ACダスト用)
SH-F
(JIS浮遊)
SH-FC
(JIS浮遊-気流
関東ローム8種用)
  IP5X、IP6X用 IP5KX用    
  MHS-S MHS-X MHS-3
装置 耐水試験機 噴流試験機 散水試験機
メーカー 板橋理化工業 板橋理化工業 板橋理化工業
型式 MHS-S MHS-X MHS-3
  IPX1、IPX2、IPX3、IPX4、IPX4K、IPX9K用 IPX5、IPX6、IPX6K用  
  タンク/MH-3000
装置 タンク 懸垂式小型電気チェーンブロック
メーカー スイコー株式会社 象印チェンブロック株式会社
型式 MH-3000 αSB-025
    IPX7用

対応可能なIP保護等級および試験可能サイズ

IP防水試験 IP防塵試験

IP試験の事例

■IPX9K事例

適用規格 ISO 20653 (JIS D 5020)
IPX9K 準拠
噴出水温度 80±5℃
噴出水流量 14~16L/min
噴出水水圧 約8.0MPa~10.0MPa
噴出角度 0°、30°、60°、90°
噴出水距離 100~150mm
試料台回転速度 5.0rpm
試験時間 各角度30秒(計120秒)
IPX9K噴射時写真

【IPX9K_90°噴射時写真】

■IP5X事例

適用規格 ISO 20653(JIS D 5020)
IP5X 準拠
使用粉塵 ISO12103-1 試験ダストA2
(ACダストFINE)
投入粉体量 2kg
試験時間 ダスト混合流6秒
撹拌⇔休止15分を1サイクルとし
計20サイクル実施
IP5X試験後写真

【IP5X試験後写真】

試験の流れ

試験前後の内部観察・成分分析等も状況に応じ対応可能です。 お気軽にお問い合わせください。
耐塵試験の浮遊試験においては、多種類の粉塵による試験が対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

オフィシャルサイト
新着ページ
ページカテゴリ一覧