製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パーツフィーダーの設計・製作。難搬送ワークにも対応!
製品・技術

国沢パーツフィーダーの技術力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
産業機械機器 物流・搬送

国沢パーツフィーダーの5つの特徴

  1. 1パーツフィーダーの心臓部・アタッチメント製作のノウハウと技術

    パーツフィーダーの業界には大手のメーカーがありますが、アタッチメント部(パーツフィーダー本体の上に乗っている皿状の部分)は我々のような業者が製作しています。

    弊社は、パーツフィーダーのアタッチメント部に特化し、独自のノウハウと技術で問題を解決します。

    パーツフィーダーの心臓部・アタッチメント製作のノウハウと技術
  2. 2専門スタッフ20名の体制、短納期かつ安心

    我々の業界は1人2人の少人数で加工をしている業者が多く、忙しくなると、納期面での対応が難しい場合がありますが、弊社は専門のスタッフ20名を有しております。
    お客様に納期面でのご迷惑をかけないよう努めております。

  3. 3現場担当と直接打ち合わせでトラブル回避

    間接的に打ち合わせした内容ですと、実際の現場の要望等が伝わりにくく、双方の勘違い等の不具合が発生する場合が多くあります。

    その点、弊社は、全てのスタッフがパーツフィーダーのアタッチメント加工に携わっており、最終ユーザー様と、仕様に関した詰めた内容の打ち合わせが可能で、終始一貫して、製作にあたることができます。

    現場担当と直接打ち合わせでトラブル回避
  4. 4まさかのトラブル発生時も、最適な方法で迅速対応

    まさかのトラブル発生時も、最適な方法で迅速対応

    パーツフィーダーにはトラブルが付き物ですが、直接、最終ユーザー様と取引させていただくことにより、タイムリーに行動し、迅速な対応が可能です。

    現場でパーツフィーダーの調整が可能であれば、極力、現場にて調整。現場で調整が困難なものは、工場に持ち帰り調整する。
    この見極めが素早くできます。

    また、高知本社工場、岡山営業所、九州営業所にて幅広く修理対応しております。パーツフィーダー修理のご相談は最寄りの営業所にご連絡ください。

    もちろん、装置メーカー様とのお取引きもさせていただいております。

  5. 5コストダウンのご提案が可能

    現在使用していない振動体はございませんか?
    板バネの調整、マグネットの調整で使用可能な場合があります。

    眠っている振動体を拝見させてください。
    使えなくなったアタッチメントの調整もおまかせください。

    コストダウンのご提案が可能

パーツフィーダーを復活させ、コストダウンに協力いたします。
新規ご購入分のコストが、数万円程度の調整費のみですみます。

リモート診断のご提案

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

パーツフィーダーのアタッチメント製作に関するご質問・ご相談、お見積りなど、是非お気軽にお問い合わせください。使用用途などあわせてご連絡いただけますと対応がスムーズです。

お問合せ