製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パーツフィーダーの設計・製作。難搬送ワークにも対応!
事例

【事例】ゴム製品などの難供給対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
産業機械機器 化学・樹脂 物流・搬送

ゴム製品の難供給対策-表面処理施工-

ボウル内面処理の問題を解決!

昨今増えてきたテーマに、ゴム製品の供給不具合が多く、ボウルフィーダー内でのワークの流れを良くするにはどうしたらよいか?という問い合わせが多くあります。

弊社では、5年程前から弊社関係先と協力し、ゴム製品に対応する内面処理を多く手がけさせていただきました。
一言にゴム製品といっても色々な素材がございます。
まずは弊社にご相談ください。

お客様からのご相談

ボウル内面処理の問題を解決!

ゴム製品の供給に手を焼いている。

  1. パーツフィーダーの流れが悪く、稼働率が悪い
  2. ボウルの内面処理で、製品の滑りがよくなるといいけど、どれも同じだし……

弊社の回答

流れを改善するにはボウル内面処理を変更するのが望ましいと判断しますが、事前に御社の製品のサンプル品を頂戴し、弊社保有のボウル内にテスト処理を施し、社内で検証します。
流動確認は御社社内で確認いただいて結構です。

↓

ボウル部、ツーリング内容変更。
内面処理施工後社内で最終検証。

最終結果

稼働率で手かせ足かせ状態であった生産設備の稼動率が30%以上改善
生産性が向上し、作業者の手を止めてしまう状態が改善されました。

以後、お客様保有のゴム製品供給用ボウルの内面処理は全て本仕様のものに変更いただきました。

難搬送ワークで困っている、他社で断られた、予算に合わないなど、パーツフィーダーについてご質問・ご要望などございましたら、お気軽にご相談ください。

リモート診断のご提案

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

パーツフィーダーのアタッチメント製作に関するご質問・ご相談、お見積りなど、是非お気軽にお問い合わせください。使用用途などあわせてご連絡いただけますと対応がスムーズです。

お問合せ