製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パーツフィーダーの設計・製作。難搬送ワークにも対応!
事例

【食品業界向け事例】乾燥具材供給用アタッチメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
食品業界向け  /  食品・機械 産業機械機器 物流・搬送

食品などの崩れやすい難搬送ワークにも対応

食品などの崩れやすい難搬送ワークにも対応

通常の振動式パーツフィーダーを用いた搬送が困難だとされる「乾燥野菜(カップ麺の具材)」「冷凍食品」「お菓子類」など、形状が崩れやすい食品ワークや、業務用ミネラル水のキャップのような整列が難しい特殊なワーク形状の搬送に多くの実績があります。

下記の事例は、食品工場向けのパーツフィーダーのアタッチメントです。特に乾燥させた具材の供給に使用されるものです。

乾燥具材対応のパーツフィーダーの問題点

  1. 一般的な方法で振動式パーツフィーダーを用いると、商品によっては振動の調整が難しく、食品ワークが思うように整列し出てこない。
  2. 食品ワークの粉で目詰まりを起こし、短期間での供給が困難になる。
  3. 乾燥させた食品は非常にもろく、崩れやすい。パーツフィーダーで搬送させると食品の形状が崩れてしまう場合があるので控えている。

解決策

乾燥具材対応のパーツフィーダーの問題点と解決策
  1. まず、購入品の振動体でも幅広い範囲でお使いいただくため、板バネやマグネットの調整を行います。ここがけっこう重要なポイントです。
  2. 加工の内容で対応が可能です。食品ワークと一緒に上がってくる粉を外部に排出するような内容で加工いたします。
  3. 最近の振動体は全波駆動方式(振動が小さく細かい)ものが主流です。
    この本体に、周波数を任意に変換できるコントローラの組み合わせで、微振動での搬送が可能です。更に加工の内容で食品の崩れは大きく解消できます。
リモート診断のご提案

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

パーツフィーダーのアタッチメント製作に関するご質問・ご相談、お見積りなど、是非お気軽にお問い合わせください。使用用途などあわせてご連絡いただけますと対応がスムーズです。

お問合せ