製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パーツフィーダーの設計・製作。難搬送ワークにも対応!
事例

【事例】パーツフィーダー内部での製品寸法検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
産業機械機器 電子・半導体 物流・搬送

パーツフィーダーの中で検査するパーツフィーダー

検査の信頼性が向上します

縦寸法5.3、横寸法4.9、厚み1.3、公差±0.04mmの製品の寸法検査をパーツフィーダー内部で行うパーツフィーダーです。

検査用パーツフィーダーの問題点

  1. 振動体の中で検査すると検査としての信頼性に欠ける
  2. どのくらいのワーク形状、寸法までが対象なのかの見極めがつかない
  3. コスト的に採算ベースに乗っかるのか疑問が残る

解決策

内面処理で騒音を低減
  1. 今回は検査ゲージの公差を製品のプラス公差いっぱいで仕上げ、(ワイヤーカット加工機にて)そのゲージを取り付けた整列の方法は弊社の技術です。
  2. この事例の商品はプレスものでしたが、製品の見極めは弊社が出向いてさせていただきます。ご相談ください。
  3. 今回の事例はパーツフィーダーの監視係の方が1人おり、詰まった場合、除去していただく内容ですので、コストはパーツフィーダだけの金額で済みます。

自動組立、自動検査、商品を整列、搬送されている各工場の皆様。
並びに自動機を製作されている各自動機メーカーの皆様。
パーツフィーダーで難しいとお考えの搬送テーマはございませんか。

30年の実績と信頼をまずは体感ください。
あきらめかけたラインの改善を形にしましょう。

リモート診断のご提案

お気軽にお問合せくださいお気軽にお問合せください

パーツフィーダーのアタッチメント製作に関するご質問・ご相談、お見積りなど、是非お気軽にお問い合わせください。使用用途などあわせてご連絡いただけますと対応がスムーズです。

お問合せ