製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

赤外線応用計測装置 拡散反射型赤外線膜厚計「RX-300/350」(微量・薄膜測定仕様)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
膜厚計  /  産業機械機器 電子・半導体 試験・分析・測定

~拡散反射型赤外線膜厚計「RX-300/350」(微量・薄膜測定仕様)の紹介~

 

拡散反射型のオンライン標準機  

粗面金属板や紙基材表面での散乱光を効率良く受光

 

  拡散反射型赤外線膜厚計「RX-350」(微量・薄膜測定仕様)

 

 

紙や粗面上のコート厚み測定に。拡散反射型スタンダード。

測定感度が格段にアップし、微量水分や薄膜コートへ用途が拡大しました。

小型、軽量の省スペースタイプ、既存ラインへ組み込みこみやすくなりました。。

 

<拡散反射型赤外線膜厚計「RX-300/350」の特長>

 

●紙から粗面金属板までマルチに対応できる拡散反射型スタンダード機種

拡散反射型光学系を採用し、フィラー入りや発泡基材にも対応可能です。

●コート層や中間層といった選択的な測定が可能

測定対象層や成分に合わせて使用波長を選定。化学の眼をもった膜厚計が実現できます。

●抜群の測定精度

基材表面での拡散反射光を受光するため、基材厚みの影響を受けにくい塗布量測定が実現できます。

●安全な光を採用した非接触・オンライン測定が実現

赤外線方式を採用していますので、β線方式より安全で取扱いが容易です。 

●高い応答性と長期安定性

最小の応答速度は約50msecと僅かな厚み変化でも見逃しません。さらに3波長測光方式を採用しており、周囲環境や装置の変動に対して長期的な精度を確保します。

 

<拡散反射型赤外線膜厚計「RX-300/350」の用途例>

*粗面金属板上の樹脂厚みや塗布量測定

*粗面金属板上の水(水性コート)のWET厚み測定

*紙・合成紙・発泡基材上の樹脂厚みや塗布量測定

*紙・合成紙・発泡基材上の水(水性コート)のWET厚み測定

 

 

豊富なセンサラインアップから現場ニーズにマッチした最適機種をご提案します。

ご相談、カタログのご請求などクラボウまでお気軽にお問い合わせ

ください。

 

 

 

  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • イベント
  • 会社概要
  • お問い合わせ