製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製品・技術

クラボウ建設用3Dプリンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
3Dプリンター  /  建設・プラント 先端技術

クラボウの技術力で実現する3D Printing Project

建設用3Dプリンティング事業を業界に先駆けてクラボウが開始

少子高齢化による慢性的な人手不足や、高度経済成長期に造られたインフラの老朽化問題への対応などで、建設業界では省力化や自動化が大きな課題です。また、住宅や商業施設などの建築物に対して高度なデザイン性が求められるようになってきました。
しかし、型枠にコンクリートを流し込む従来の工法では限界があります。

そこで、世界の建設業界で注目を集めるのが3Dプリンターです。
3D-CADデータをもとに、ロボットの先端に組み込まれたプリンターヘッドから原料を押し出して積層し、立体物を自動で製作する3Dプリンターなら、複雑な形状や精緻なデザインも自由自在。
多種多様な景観材や建築物を短時間で、自動的に製作することが可能になります。

クラボウは、これまでにセメント系材料を用いた住宅用の外装化粧材を手がけてきた実績があります。そこで培った材料配合や押出成形の技術を活用するとともに、欧州で多くの実績を持つエクストリー社の3Dプリンターを導入。
国内で先駆けて、建設用3Dプリンティング事業をスタートしました。

3D CONCRETE PRINTING

建設用3Dプリンターの特長

  • コンクリートなどに使用される型枠が不要になる
  • 曲線状や空洞など複雑なデザインが自由に成形できる
  • 必要な箇所に必要な分だけ材料を配置することで材料の削減に繋がる
  • 施工を自動化することで、貴重な人員を有効活用して適材適所に配置できる
クラボウ【建材で培った技術】材料の配合技術・押出形成技術×XtreeE【基本技術】3D Printing

XtreeE(エクストリー)社製建設用3Dプリンター

フランスに拠点を置く建設用3Dプリンティングのスタートアップ企業。吐出量や材料の硬化速度などをコントロールする技術に優れており、精緻な成型が可能な3Dプリンタ―の開発を手掛けている。最近では欧州最大のセメント企業「LafargeHolcim Ltd.」の傘下となり材料開発面での強みも併せ持つ。

クラボウの強み

住宅用外装化粧材や断熱材、ウレタンフォーム、機能性フィルムなどを展開する化成品事業。 セメント系材料の押出成形による住宅用外装化粧材の開発、製造、販売における30年以上の歴史の中で培った材料の配合技術、押出成形技術が3Dプリンターの新たな可能性を切り拓く。

ワクワクするような街づくりと次世代の建設業に貢献したい

建設用3Dプリンターの活用事例として、フランスのXtree社では2024年のパリ五輪に向けて、全長約40mのコンクリート製歩道橋を制作するプロジェクトに参加しているなど、海外では大型の構造物をたくさん作られています。

クラボウとしてはまずベンチやモニュメントからスタートし、最終的には意匠性を生かした製品開発を進め、いろいろな分野に展開していきたいと考えています。

今は建築物と言えば大半が四角い形をしていますが、建設用3Dプリンターは世の中の風景を大きく変える可能性があります。建築3Dプリンティングが普及すれば色々な形状をした個性的な建築が増えて行くと思います。

建設用3Dプリンターについてご相談、ご質問などございましたら
お気軽にクラボウまでお問い合わせください。

  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • イベント
  • 会社概要
  • お問い合わせ