製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
製品・技術

クロムめっき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
めっき加工技術 クロムめっき  /  環境 産業機械機器

今回はクロムめっきについてご説明させて頂きます。

 

私たちにとって最も身近な使用用途としては、自動車が挙げられます。

例として、エンブレムマークやドアハンドル、エンジンやブレーキなどのメカ部品などに使用されていることが多いです。

これはクロムめっきが高耐食性であり、尚かつ非常に硬く、耐摩耗性があるからです。

 

クロムめっき液には6価クロムと3価クロムのものがあり、一般的に使用されているクロムめっき液は6価クロムの液が主流となっていますが、6価クロムは人体に有害であるため、厳しい規制が設けられており、排水は排水規制値を満足するための除外処理が必須です。

上記の環境規制の強化を背景にして、現在3価クロムの液が見直されていますが、めっきの色調が6価クロムの色調と異なることや、耐食性に劣る、めっき液管理が難しいなどの問題があります。

 

弊社では現在、実験室レベルでは御座いますが、3価クロムめっき液の評価・試作等を行っております。

もし、ご興味ご要望が御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com