製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
コラム

粗化ニッケルの表面って、こんな感じ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
めっき技術コラム Niめっき  / 2014年05月07日 / 

とうとうゴールデンウィークが明けましたね。

連休前は、特に予定もなかったので、何しよう・・・暇やな・・・と考えていたのですが

何もしないなりに、あっという間に終わってしまいました。なんだか悲しいですね!

人はこれを時間の無駄遣いと呼ぶのでしょう。

 

展示会で展示する粗化ニッケルのサンプルを作成している際、めっきをする条件を

いろいろと変化させて、めっきをしてみました。

電流密度、膜厚、液温の条件を振ってめっきし、その後SEMで表面を観察しました。

 

条件によって劇的な変化が!

・・・そこまであった訳ではないのですが、やはりめっきのつき具合、表面の粗化具

合が違っていました。

一例として以下に画像を挙げてみます。

上は標準の条件で。下は液温を低くしています。

下の方があまり粗化されていないように見えます。上と比べると、とげとげが丸いです。

 

このように、めっきをする条件によって皮膜が変化します。

どんな製品にどんなめっき皮膜が合っているのかは本当に様々だと思います。

もし、こんな表面にしたい!こんなめっきをして欲しい!等ご要望があれば、お気軽に

お問い合せ下さい。

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com