製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
製品・技術

部分Auめっき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

部分Auめっきについてご紹介致します。

 

部分Auめっきとは、製品の一部にのみAuめっきをつける技術です。

Auは非常に高価です。めっきの必要のない部分にまでつけるのは

もったいないですよね。

そこで、弊社では必要な部分にのみめっきをつける技術を開発し、

実用化しています。

 

 

部分Auめっきを施すには、専用の装置を用います。その仕組みを

ご紹介致します。

 

①製品(リードフレーム)をめっきしたいエリアだけをくりぬいた

マスクゴムの上に乗せます。

 

②上から抑えのためのゴムを乗せます。

 

③抑えゴムの上から圧力をかけ、めっきの液が漏れないようにします。

 

③マスクゴムの下からめっき液を噴射し、電気を流します。

 

④マスクされていない部分にのみめっきがつきます。

 

文章で書いてしまうととても単純そうなのですが、精度よくめっきを

つけるのは非常に難しいのです。

しかし弊社では、パイロットホールがあれば±0.2mmの精度で部分

めっきが可能です。

 

用途と致しましては、信頼性の必要な半導体があげられます。Auめっき

ですので、膜圧が薄くてもワイヤーボンディングが可能です。

そして全面にAuめっきをつけるより、かなりのコストダウンになります。

 

 

もしご興味を持たれましたら、少量試作も承っておりますので、お気軽に

ご連絡下さい。試作・量産時のめっきの仕様(膜厚など)は、ご依頼の素材

を確認させて頂き、打ち合わせの上、決定させて頂きます。

 

部分Auめっきに関する資料をダウンロードして頂けますので、よろしければ

ご覧下さい。

 

以上です。

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com