製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
コラム

看板をたのしむ休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2019年03月26日 / 

みなさまこんにちは。
今週は開発・技術課 I が更新いたします。
よろしくお願いいたします。

 

先週末友人と 安土・近江八幡 巡りをしてきましたのでその時のお話を少々。

 

その前に。。。
みなさん 飛び出し坊やの看板はご存知でしょうか。
滋賀県には何故か設置が多く、様々な飛び出し坊やの看板が立ててあります。
その中でも、黒目がちの、赤シャツに黄色パンツで走り出す姿の坊や
その名も「とび太くん」という坊やがとても有名です。。。

 

横断歩道の所に立ててある 坊や二人が とび太くん 走ったらあかんよ

 

友人と待ち合わせしたのは お昼前に JR 安土駅。
こぢんまりとしたロータリーにそびえ立つ 織田信長公の銅像の傍に
なんと信長様Ver.のとび太くんを発見!
どこにも信長とは書いてないのに the 信長!
ここからいろんなとび太くんに出会う1日が始まりました。

 

信長様かっこいい!

 

 駅を離れること数十メートルで、別のちょんまげとび太くんにも遭遇。

ちょんまげ×普段着×雪駄 妙な組み合わせですが、不思議と違和感はありません。

 

ロゴTは信長様とおそろい☆

 

その後はランチで腹ごしらえし、日牟礼八幡宮&八幡堀を散策、
ここでも様々なとび太くんが出迎えてくれました。

 

とび太くん 忙しいね

 

※八幡堀とは。。(観光情報HPより)
八幡堀は、安土・桃山時代に豊臣秀次の八幡山城居城のもと、

城下町が栄える原因となった町の一大動脈です。
近江商人の発祥と発展、また町の繁栄に八幡堀は大きな役割を果たし、

江戸時代後期には近江国において大津と並ぶ賑わいを見せたといいます。
昭和初期までは、常に町の人々の経済・流通路でしたが、

戦後は陸上交通の発展によって廃れました。
堀に沿って、白壁の土蔵や旧家が立ち並び、華やかだった当時の様子をよく伝えています。
日牟禮八幡宮の大鳥居をくぐったところに、堀に白雲橋がかかり、
橋からは、かつて全国各地から送られてきた物産を一時保管した土蔵が見られます。
近年になって、観光名所として整備され、船着き場などが復元されました。

 

水路沿いの桜並木・・・つぼみぃぃぃ

 

その後安土城考古学博物館&信長の館を見学(寒さと時間の都合で城跡散策は断念)し

夕方に友人は遠方へと帰っていきました。

 

観光か看板がどっちメインやったか微妙な内容でしたが
止まらないおしゃべりと心休まる風景に、リフレッシュできた休日でした。

 

今年のゴールデンウィークの予定がまだ決まっていない方

とび太くん探しの旅はいかがでしょうか。

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com