製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
コラム

Bohemian Rhapsody

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2019年05月17日 / 

 皆様 こんにちは。

今回は調達のMが担当いたします。

                     

毎度のことながら今回も音楽ネタとなります。

今回は、最近映画でも話題になったQueenについて書きたいと思います。

私が、初めてQueenを聞いたのは、「News Of The World」というアルバムで、Queenファンの友達に借りたものでした。

当時はレンタルも無い時代、簡単に色々聞くことが出来ないので、期待感が違います。

高鳴る期待の中、レコードに針を降ろすと、ドンドンチャッ、ドンドンチャッのイントロが始まります。今では小学生も知っている「We Will Rock You 」です。そして歌が始まりますが演奏は中々始まりません。その内ギターのフィードバック音が聞こえてきたところにギターソロ!と思えばすぐ終わってしまいます。・・・短いけど、なんてカッコいい曲でしょうか。

次は打って変わって静かなピアノから始まります。これも有名な「We Are the Champions」です。前半はピアノとボーカルだけですが、サビ前からギター、ベース、ドラムが入ってきて曲をどんどん盛り上げていきます。・・・なんてドラマチックな曲でしょうか。

またそのころ、たまに海外のバンドのPVを流すTV番組があり、Queenの「We Will Rock You 」が放送されました。(まだビデオも無い時代、映像で見れることは大変貴重でした)なぜか真冬の山らしきところで演奏していて、ボーカルのフレディ(まだ長髪でした)が星型のサングラスをかけていました。・・・なんてカッコいいバンドなんでしょうか。(当時は本当にそう思っていました)

私はすっかりQueenのファンになり、過去のアルバムも聞きたいと思い周りを探しますが中々見つかりません。しかしFMをチェックして、ようやく名曲「Bohemian Rhapsody」を聞くことができました。

ロックで約6分という長さは当時少なかったと思いますが(当時のプログレッシブ・ロックの曲なら珍しくありませんが)これも相当にドラマチックな曲で、しばらくはこればかり聞いていた記憶があります。

しかし、ボーカルのフレディが亡くなってから28年経つのに、映画「BohemianRhapsody」がここまで日本でヒットするとは正直思いませんでした。でもQueenが本国でそんなに売れていないときに日本ではすでに大人気があり、逆輸入のような形で本国で売れていったことを見ると、時代を超えてなにか日本人の琴線に触れる要素が沢山あったバンドだったのかと思います。

今となってはオリジナルのQueenを見ることはできませんが、日本のコピーバンドでGUEEN(グイーン)というバンドがあります。彼らのLIVEでは「Bohemian Rhapsody」のフルコピー(アカペラ部分も生!)が聞けますので、ご興味あるかたはYouTubeで探してください。

     

 

 

 

 

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com