製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
鹿児島、宮崎、徳島、京都、北海道に工場を持ち、常にグループ内でお客様のニーズに最適な条件を検討させて頂いております。
試作から量産まで、めっきのことならお任せ下さい。
コラム

信楽焼きとたぬきさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2019年06月27日 / 

 

皆様、こんばんは。お疲れ様です。

今週は開発・技術課のHが担当致します。

 

6月最終週ですが、関西では今日からやっと遅めの梅雨入りがやってきました。

それと同時に台風まで連れてくるとは、恐ろしいものです。

昨年の関西を襲った台風を思い出しますね。

未だに家の近辺では信号機がやや曲がった状態が見られますし、
屋根の修理の順番が未だのようで、ブルーシートが掛かった家もちらほらあります。

 

皆様、大雨と暴風には大変注意して下さいませ。

 

 

 

 

話は変わりますが、先月ちょいとばかし日帰り旅行をしに
滋賀県最南端にある信楽に行って参りました。

 

信楽といいますと一般には信楽焼のたぬきをイメージされることが多いかと思います。

 

そうです、確かにたぬきだらけでした!

 

 

大歓迎されました。

 


信楽町の焼き物や食事店だけでなく、一般家庭の玄関前、果てには道中の地面に

埋まりながら佇むたぬき。
いたるところで見かけるのでとても面白いですよ!

 


なぜこんなにもたぬきだらけなのか?

といいますと、たぬきは「他抜き」と変換され、
他を抜くという意味があることから商売繁盛・招福・金運UP・開運
などの縁起が良いものとされているようです。


さらに編み笠を被って右手には徳利、左手には大福帳を持っている特徴的な姿ですが、

その笠や目、しっぽ徳利などその姿や持ち物それぞれには、

 

笠  →災難や悪事から身を守ってくれますように
目  →周囲に気を配り、正しく物事を見られますように
徳利 →飲食に困らないよう徳をもてますように

 

などといった8種類の縁起ものの意味があるようです。

姿の一つ一つにそういった意味が込められているなんて知りませんでした!
一家に一匹飼うべきですね。

 

 


そして、写真のお店で購入した信楽焼きのご飯茶碗と湯飲みです。

 

 

お店の方がお手製されたようで、同じ形のものはありません。

 

湯飲みが若干内側にたわんでいますが、親指をそこに添えると持ちやすいのです。

 

器の内部が白色なので、色味のあるものを入れるとくっきりして、

美味しそうに見える効果があるとのことです。

この茶碗に炊きたてご飯を入れて、その上にひじきや明太子といったご飯のお供を

乗せると美味しそうです・・・

 

ちょうど使っていた器が欠けてしまっていたので、今では大活躍しています。

 

 

またこの信楽の地は温泉街ではないのですが、旅行には温泉だよねといわれる人の

ニーズにより温泉施設ができたそうです。

たぬき温泉という名のところもあるらしいですよ!

 

 

弊社からですとお隣の県になりますが、

皆様も陶器を見に、そして温泉で癒やされに訪れては如何でしょうか?

 

 

それでは、さらに大雨で帰りにくくなる前に、これにて失礼致します。

 

また次回の更新も宜しくお願い致します!

 

 

参加ポータル
航空機産業ポータル
メッキメーカー情報.com