製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

海上輸送での「コンテナ内の温湿度変化のメカニズムと対策」セミナーを5/25(金)福岡で開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
発表会 輸送課題解決 物流関係新技術  / 2018年04月20日 /  試験・分析・測定 物流・搬送 先端技術

過去に他機関様主催などで東京、愛知、大阪などでで複数回プレゼンテーションさせて頂きました海上輸送での「コンテナ内の温湿度変化のメカニズムと対策」を、このたび初めて福岡で実施させて頂くこととなりました。

毎回、大変好評を頂いているプレゼンテーションですので、ご興味のある方はお早めにお申し込み下さい。

 

<主催>

公益社団法人日本包装技術協会 西日本支部

<セミナー名>

2018年 生活・輸送包装研究会

<日時>

2018年5月25日(金) 14:40 ~ 16:40

<場所>

インペリアルパレス シティホル福岡 会議室(福岡県市博多区中洲5-2-18 )

<概要>

ドライコンテナを利用した国際輸送は直射日光を含めた環境の影響を受けるため、輸送中に温度が変化する事が知られています。本講演では陸上、コンテナヤード、海上など輸送モード・ノードや、コンテナ船内での蔵置位置の違いによる温度変化の特徴に加え、過去の豊富な計測例から得られた特徴的な高温度と低温度などを示すとともに、コンテナ天井面や貨物表面での結露発生のメカニズム、それら温湿度関連ダメージの対策方法案と効果について、実計測例を元に説明します。

 

因みに、本講演は第二部で、第一部では以下の講演が行われています。

≪第一部≫ 13:30~14:30

「 音で調べるおいしさ評価 ~食感測定~ 」 13:30 ~14:30
食品を噛んだときに発生する「音 =振動」を利用した食感測定事例ご紹介ます。
従来の官能評価では難しかった食感測定へ解決等,今後展望を解説。
第28 回食品産業創造展 2018 5月24 日セミナーにて講演 その内容を含みつつ話題を展開

 講師 一般財団法人日本食品分析センター 名古屋支所 栄養科学部 油脂分析課 内村太至様

 

<参加費>
JPI 法人・個人、日本 MH 協会、IPP 会員、福岡県倉庫協会員の方:無料

一般の方:3,240 円/ 1名

 <お申し込み方法>

事前申し込みが必要です。添付資料ダウンロードの上、主催者である日本包装技術協会 西日本支部様までお申し込み下さい。 

 <申込期限>

5月21日(月)ですが、定員(30名)に達し次第締め切られますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

参加ポータル
試験・分析.com
MTIの受託試験紹介
ページカテゴリ一覧
サイト内検索
新着ページ
月別ページ