製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

省エネ装置「MT-FAST」が搭載500隻を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
輸送課題解決 メディア  / 2018年08月01日 /  造船・重機 産業機械機器 物流・搬送

当社が常石造船株式会社(以下常石造船)と共同開発した省エネ装置「MT-FAST」の船舶への搭載実績が500隻を突破しました。また、日本郵船グループ運航船の運航データを分析することで、同装置の燃料節減効果が実証されました。

「MT-FAST」について

複数のねじれた形のフィンからなる船体付加物で、プロペラの推進効率を向上させることができます。船舶は、エンジンの動力によりプロペラを回転させ、海水を後方へ押し出すことで進行方向の力に変換して推進します。しかし回転力を推進力へと変換する際に、旋回流と呼ばれる渦が発生し、推進効率を低化させます。
「MT-FAST」をプロペラ前方に取り付けることでプロペラに流入する水流を整え、プロペラ後方で発生する旋回流を低減させることができます。その結果、プロペラの推進力を向上させ約4%の燃料節減を可能にします。

 

「MT-FAST」搭載について

「MT-FAST」は新造船だけでなく既存船にも取り付けることができる汎用性の高い装置です。2008年以降、常石造船の竣工船と日本郵船グループが運航するばら積み船やコンテナ船を中心に着実に搭載実績を積み上げ、このたび500隻に到達しました。
これまでの累計で燃料消費削減量は約447,000トン(注1)、二酸化炭素(CO2)排出削減量は約1,341,000トン(注2)と算出しています。

実航海での効果検証について

日本郵船は「MT-FAST」の実海域上での省エネ効果についてSIMS(注3)を用い検証しました。燃料節減効果を把握するため、同航路・同気象海象条件のもとで「MT-FAST」を搭載した船舶とそうでない船舶の2隻を並走させて検証したところ、4.8%の燃料削減効果が確認できました。

グローバルに事業活動を行う日本郵船グループにとって、地球環境問題は最重要課題の一つです。今後もメーカーと共に環境負荷の低減につながる技術開発を推進します。また、本年3月に発表した新中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”に基づき、新たな価値創造を通じて企業と社会の持続的な発展と成長を目指します。

 

  • (注1)対象船舶の年間の燃料消費削減量を算出し、これを基に個船ごとの運航期間を踏まえた累計値を算出。全ての対象船舶に同様の計算方法を用い、合計することで算出。(年間の燃料消費削減量は、日本郵船の全運航船舶の直近2年間のメインエンジンの負荷率と運航稼働率の平均値を使用して算出。)
  • (注2)燃料消費削減量に、CO2換算係数として”3″を乗じて算出。係数は「温室効果ガス総排出量算定方法ガイドライン(環境省)」を基に算出。
  • (注3)SIMS
    SIMS(Ship Information Management System)」。運航状態や燃費、機器の状態など、毎時間の詳細な本船データを船陸間でタイムリーに共有するため、当社および日本郵船が共同で開発した装置。
参加ポータル
試験・分析.com
MTIの受託試験紹介
ページカテゴリ一覧
サイト内検索
新着ページ
月別ページ