製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

燃焼室内診断ソフトウェアを独自開発 -「きらりNINJA-DS」小型化で利便性も向上-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
船舶関係新技術 計測制御技術 メディア  / 2018年10月16日 /  造船・重機 物流・搬送 先端技術

当社および日本郵船株式会社(以下、日本郵船)は、舶用エンジンの燃焼室内部を自動撮影する装置「きらりNINJA」で得た画像データを活用し、事故の予兆や不具合原因の早期特定につながる燃焼室内診断ソフトウェアを独自開発しました。また、小型シリンダーの内部も撮影できるように「きらりNINJA」を小型化し、「きらりNINJA-DS」として操作性・利便性を高める改良を行いました。

 

参加ポータル
試験・分析.com
MTIの受託試験紹介
ページカテゴリ一覧
サイト内検索
新着ページ
月別ページ