製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

日経コンピュータ主催「IT Japan Award 2019」グランプリ受賞 ~10年越しのIoT活用事例が評価~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
表彰受賞 船舶関係新技術  / 2019年06月12日 /  造船・重機 IT・情報通信 物流・搬送

日経コンピュータ主催「IT Japan Award 2019」において、日本郵船と当社において取り組んでいる、航行中のトラブルを未然に防ぐ船舶IoTの活用事例が評価され、グランプリを受賞しました。

 

「IT Japan Award」は優れたIT活用事例を毎年表彰するもので、今年で13回目の実施となります。2019年度は「日経コンピュータ」2018年5月10日号から2019年4月18日号および
「日経 x TECH」に掲載された事例の中から計5社が選ばれ、日本郵船が最優秀賞であるグランプリに選ばれました。

 

2018年6月21日号の「日経コンピュータ」および「日経 x TECH」で、約200隻の船舶のエンジンなどの状態を把握するIoT機器を設置し、船舶ごとに異なっていたデータ名称や単位を統一して収集することにより、陸上で監視できる仕組みを作ったこと、実際にエンジン故障を事前に察知して対処するなど成果を上げたことなどが、実用化したIoTの先進事例として紹介されました。

 

今回の受賞にあたり、株式会社日経BPが2019年7月10日に東京都で開催するIT経営フォーラム「IT Japan 2019」に日本郵船の丸山英聡専務経営委員が特別講演を行います。

 

日本郵船グループは中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”に基づき、今後も積極的にデジタライゼーションを推進し、安全運航の追求と新たな価値創造を目指します。

参加ポータル
試験・分析.com
MTIの受託試験紹介
ページカテゴリ一覧
サイト内検索
新着ページ
月別ページ