製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パナソニック ホールディングス株式会社 プロダクト解析センター
ニュース

LEDパッケージの硫化水素腐食試験が可能です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
 / 2022年05月18日 / 

昨年、IEC60747-5-13として、LEDパッケージの硫化水素腐食試験が制定されました。

LEDデバイスでは、反射効率を上げるために銀や銀合金が使用されていますが、

銀・銀合金は、硫化しやすい金属ですので、十分な確認が必要です。

 

試験方法として、硫化水素(H2S)と二酸化窒素(NO2)の混合ガスでの試験が

規定されています。

二酸化窒素は、硫化反応を促進させる触媒的な役割を果たしています。

詳しい試験条件等は、ご相談ください。

 

もちろん、一般的な単体のガス試験

 ・硫化水素:C60068-2-43

 ・二酸化硫黄:C60068-2-42 も可能です。

 (この2種類の試験は、ISO/IEC17025の認定を受けております)