製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
パナソニック株式会社 プロダクト解析センター

設備紹介

◇信頼性試験設備

環境試験

大型恒温恒湿室

・温度範囲: -40~+80℃

・湿度範囲: 10~95%RH

 ・試験器内寸法:  
    W4000×H2900×D2476/室

中型恒温恒湿室

 

・温度範囲:-40~+150℃

・湿度範囲: 20~90%RH

・試験器内寸法:W1500×H1500×D1500

・特長:大きなサイズで、85℃85%が可能

中型恒温恒湿機

・温度範囲:-70~+150℃

・湿度範囲: 20~98%RH

・ハイパワー型1台(95℃98%が可能)

・試験器内寸法:

  W 850×H 1000×D800~
  W 500×H 750×D600 等

小型恒温恒湿器

・温度範囲:-40~+150℃

・湿度範囲: 20~98%RH

・試験器内寸法:

  W300×H300×D250 等
  

Air HAST

・温度範囲:+105~+162.2℃

・湿度範囲: 75~100%RH

・試験器内寸法:

  Φ255×D318

[プレッシャークッカー試験、

 飽和・不飽和どちらも可能]
  

恒温器・高温器

 

・温度範囲:室温~+300℃

・試験器内寸法:

  W600×H600×D600
 

熱衝撃試験機
[温度サイクル]

・温度範囲:  
  高温側+60~+300℃
  低温側-70~0℃
・試験室寸法: 
  W710×H345×D410
  W650×H460×D670 等

結露サイクル試験機

・温湿度範囲:
  高温側-10~+100℃
      40~95%RH
  低温側-30~+100℃
      40~85%RH
・試験室寸法:W650×H460×D670 等

ガス腐食試験機

・ガス濃度:数十ppb~50ppm程度

・温度範囲:20~+80℃

・湿度範囲:75~95%RH

・試験室寸法:W440×H440×D440等

複合サイクル腐食試験機

・複合サイクル試験、連続塩水噴霧試験

・噴霧温度範囲:+35~50℃

・乾燥温度:最大70℃

・湿潤温湿度:50℃95% 他

・塩水濃度:5%

・PH:6.5~7.2(中性のみ、酸性は不可)

・試験室寸法:W1200×D800 他

キセノンフェードメータ
[強エネルギー型]

・BPT温度:63~89℃

・湿度:50% 散水 可
・放射照度:60~180W/ m2
     (300~400nm)
・1枚:W140×D60×t20

サンシャインウェザーメータ

・BPT温度:63℃

・湿度:50% 散水 有

・放射照度:255W/ m2(300~700nm)

・1枚:W150×D60×t20

メタルハライドランプ試験

 

・放射照度:1500W/m2(JIS対応値)
・連続照射及びサイクル運転可能
  (照射、休止、結露、散水可能)

・A4サイズ程度のスペース

 

UVランプ試験

・温度:BPT63℃
・湿度: 50%RH
・条件:4h照射⇔暗黒湿潤4h
・放射照度:30w/m2(~400nm)

・ 試験片サイズ:W150×D60×t30

振動試験
包装試験

耐震性試験機

・テーブル寸法:3,000×2,000mm

・最大搭載重量:1,000kg

・最大加速度:垂直0.5G、水平1.0G

・最大変位:垂直270mmp-p、水平520mmp-p

・加振方向:垂直、水平(2軸同時加振)

 詳細はこちら

大型振動試験機

・加振波形:正弦波、ランダム波

・最大貨物質量:500kg

・最大加速度:29.4m/S2(3G)

・周波数範囲:2~500Hz

・加振方向:垂直、水平

複合振動試験機

・加振波形:正弦波、ランダム波、ショック

 波 等

・温度範囲:-65~+175℃
・温度変化:15℃/min
・湿度範囲:30~98%
・最大加速度:774m/s2(79G)
・周波数範囲:5~2000Hz
・最大搭載重量:200kg
 ※重量等により動作制限があります

三軸同時振動試験機

・加振波形: 正弦波、ランダム波、実波形
・加速度範囲: 235.2m/s2(24G)

        ※無負荷時
・周波数範囲: 5〜1200Hz
・搭載重量: 最大100kg
・温度範囲: -55〜+175℃
・湿度範囲: 25〜95%RH 
・槽内寸法: 1.0×1.0×1.0m

複合振動試験機Ⅱ

・加振波形:正弦波、ランダム波

・温度範囲:-40~+150℃

・湿度範囲:20~95%RH
・最大加速度:900m/s2(90G)
・周波数範囲:3~2000Hz
・最大搭載重量:100kg

 ※重量等により動作制限があります

圧縮試験機

・最大試料寸法:L250×W150×H250(cm)

・最大圧縮荷重:98kN(10tf)

・試験速度:0.1~500mm/min

・最大試料寸法:L120×W20×H120(cm)

落下衝撃試験機

 

 

・最大加速度:7566m/s2(772G)

・作用時間:1.4~30ms

     (衝撃値により異なる)

・波形の種類:正弦半波

・最大搭載重量:50kg

・テーブル寸法:300×400(mm)

大型落下試験機

・最大貨物質量:100kg

・最大貨物寸法:幅 280cm 奥行 91cm

・落下高さ範囲:2.5cm~150cm(無段階)

HALT

HALT試験装置

・最大加振力:50Grms(10~5000Hz) 
・加振方法:インパクトによる6軸ランダム加振
・高速温度変化:60℃/分
・温度範囲:-100~+200℃
・ステップストレス試験:

 温度-振動複合試験による製品の弱点調査

 詳細はこちら

材料試験

オートグラフ

・試験力: 最大5000N
・ストローク: 最大1100mm
 ※恒温槽使用時400mm
・試験速度: 0.001~1000mm/min

恒温槽(付属)
・温度範囲: -30~200℃
・槽内寸法: W200×D200×H850mm

シャルピー衝撃試験機

・対応規格
  JIS K7111-1 シャルピー衝撃試験
  JIS K7110  アイゾット衝撃試験 
・樹脂用

疲労試験機

・最大試験力: ±100N,200N
・最大変位: 20mm(±10mm)
・制御波形: サイン波、三角波、
・繰返し周波数: MAX.100Hz

恒温槽(付属)
・温度範囲: -35~+250℃
・槽内寸法: 200×200×200mm

 接触抵抗測定

 

・移動動範囲:X,Y,Z共100mm(分

 解能0.02mm,精度0.02mm以下)

・設定荷重:0~1000gf(0~9.8N) 分

 解能0.1~10gf(980μN~98000μN)

・接触抵抗:交流4端子法
・測定子:最大5φ,最小0.1mm取付

 可能

火災試験

火災試験室

   

幅:10m 奥行き:7m 天井高さ:4m

塵埃試験

 

 浮遊粉塵試験機

 

JIS D 0207 F1~3に対応

 降下粉塵試験機

 

チャンバー容積:1m3

使用粉塵:JIS Z 8901の1~15種

     綿塵(毛糸、綿糸等)

最大粉塵量:500mg/m3程度

 

◇その他試験・分析設備

 プロダクト解析センターでは、EMC、電気・人体安全性評価、材料分析、使用性評価に関する設備を多数備えております。詳しくはパナソニック解析センターの公式HPをご覧下さい。

プロダクト解析センター公式サイト
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ