製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
航空機産業ポータル
航空機産業ポータル
参加企業募集中です!詳しくはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

ジャパン・ドローン2016 開催のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
航空関連シンポジウム  / 2016年02月03日 /  航空・宇宙
イベント名 ジャパン・ドローン2016
開催期間 2016年03月24日(木) ~ 2016年03月26日(土)
10:00 – 17:00
会場名 幕張メッセ国際展示場
会場の住所 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
地図 http://www.m-messe.co.jp/access/index.html

ジャパン・ドローン2016 日本発。世界発。「空における新たな産業革命」といわれる民間ドローン(無人航空機システム)産業の国際総合展示会&国際コンファレンスいよいよ開催!

新鋭の匠からは千田理事が、主催団体である日本UAS産業振興協議会の副理事長として
当該イベントに深く関与しています。

開催概要

民間ドローン(無人航空機システム)産業の総合展示会&コンファレンス

ジャパン・ドローン2016

Japan Drone 2016-Expo for Commercial UAS market

国内外のドローンの最新情報、活用法、技術などを幅広く紹介

最新のIT 技術から撮影・放送、調査、農業、警備・セキュリティ、物流、
土木・建設、災害対策から法制度、教育、娯楽まで

会 期:

コンファレンス

2016年3月24日(木)~25日(金)

展示会 2016年3月24日(木)~26日(土)
10:00 – 17:00(3日間とも)
フライトショーケース 

3月24日(木)~26日(土)

会 場: 幕張メッセ
主 催: 一般社団法人日本UAS産業振興協議会
共 催:

株式会社コングレ
株式会社スペースメディアジャパン

協 賛:

日本産業用無人航空機協会
ミニサーベイヤーコンソーシアムNEXT
セキュアドローン協議会
Drone Impact Challenge実行委員会

特別協力:

米国AUVSI

欧州UVS International(申請予定)

後 援: 経済産業省
国土交通省
総務省
防衛省
農林水産省
文部科学省
日本航空宇宙工業会
宇宙航空研究開発機構(以上、申請予定)

イベント構成

ドローン

展示会(3日間:3/24~26)

  • 国内出展社
  • 海外出展社
  • Startup Zone(ベンチャー専用出展ゾーン)
  • 企画展示コーナー(主催者ゾーン)
  • ビジネスマッチング・ゾーン

出展企業は、2016年1月20日時点で83社・団体です。
出展企業名・団体名など、詳細はニュースリリースをダウンロードしてご確認ください。

ダウンロードはこちらから

国際コンファレンス(2日間:3/24~25)

基調講演(無料)

■ UAS マーケットのこれから~世界からの見方~(3/24)
Peter Van Blyenburgh 氏(UVS International〈国際無人機協会〉)
■ ドローンの商用マーケットの未来とは(3/24)
Randy Mackay 氏(Japan Drones株式会社)
■ Regulatory Perspective on UAS Integration in the U.S.(3/25)
Nate Purdy 氏(Senior FAA Representative, FAA Tokyo, U.S. Embassy, U.S. Federal Aviation Administration (FAA))

特別講演(無料)

■開発用テストフィールドと国家戦略特区(3/24)
門脇 光浩 氏(仙北市長)
熊谷 俊人 氏(千葉市長)
藤原 豊 氏(内閣府 地方創生推進室 次長)
■「ロボット革命」に向けたフロントランナーとしてのドローン(3/24)
佐脇 紀代志氏 佐脇 紀代志氏
(経済産業省 製造産業局 産業機械課長)
■ 無人航空機に関する安全ルール整備の状況と取組について(3/25)
松本 大樹氏 松本 大樹氏
(国土交通省 航空局安全部 安全企画課長)

国際コンファレンス(有料)

ドローンをとりまく市場や状況をより詳細な面から俯瞰・研究できる講演が有料にて実施されます。

「ドローン・テクノロジー」「安全ガイドラインと今後の運用」「ドローンのビジネス応用」「ドローンの市場開発」「ドローンとIT」の5つのテーマ別に23講演を予定。
ドローンの研究・開発や販売関連の方はもちろん、今後ドローンを使った産業支援の新規参入などをお考えの方まで、幅広い分野の方々のご要望にお応えできるプログラム構成となっています。

【ドローン・テクノロジー】
■ Drone エコシステム 無人機を取り巻くテクノロジーとソリューション(3/24)
伊豆 智幸氏
(株式会社エンルート 代表取締役社長)
■3D マッピング技術とドローン(3/24)
中川 雅史氏 中川 雅史氏
(芝浦工業大学 ジオインフォマティクス研究室 教授)
■ ドローンのための電波利用の課題について(3/24)
三浦 龍氏
(国立研究開発法人情報通信研究所(NICT) ワイヤレスネットワーク研究所ディペンダブルワイヤレス研究室 室長)
■ ドローン搭載のセンサー技術について(3/24)
中村 孝一郎氏
(株式会社リコー リコーICT研究所フォトニクス研究センター 所長)
■ マイクロパイロット社製オートパイロット:空での安全性について(3/24)
Howard Loewen氏
(MicroPilot President)
■ ドローンの先端技術と課題および今後の展望(3/24)
野波 健蔵氏
(千葉大学大学院工学研究科 工学部 特別教授)
■シリコンバレー商業ドローン最前線(3/24)
小池 良次氏(Contents Dotcom ジャーナリスト/ リサーチャー)
【安全ガイドラインと今後の運用】
■ ドローンパイロットの養成教育と検定について(3/24)
水野 宏一氏 水野 宏一氏
(日本航空学園/ 公益財団法人JAA 人間力育成協会専務理事)
■ 欧米における大型無人機の民間空域安全対策と型式証明(3/24)
小手川 達也氏
(ジェネラルアトミックス エアロノーティカルシステム社 無人機システム民間航空分野プロジェクト エンジニア)
■ 安全運用の仕組みと今後の課題(3/25)
千田 泰弘氏
(一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA) 副理事長)
【ドローンの市場開発】
■ ドローンの法規制と法的責任(3/24)
小林 正啓氏
(花水木法律事務所 弁護士)
■ 金融業界からみたドローン産業(3/25)
川崎 雅大氏
(野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社 調査部 研究員)
■ ドローンの未来はロボティクス技術が拓く(3/25)
菊池 珠夫氏
(株式会社日経BP 日経BPクリーンテック研究所 主任研究員)
田野 倉保雄氏
(株式会社日経BP 日経Robotics編集長)
【ドローンのビジネス応用】
■ まごころサポートxドローン宅配サービスが実現する豊かな街づくり(3/24)
鯉渕 美穂氏
(MIKAWAYA21株式会社 代表取締役社長兼COO)
■ 精密農業とドローン(3/25)
春原 久徳氏
(セキュアドローン協議会 会長)
■ ドローンの警備活用(3/25)
伊藤 俊輔氏
(綜合警備保障株式会社 商品サービス企画部 係長)
■ビッグデータの活用とドローン(3/25)
嶋田 悟氏 嶋田 悟氏
(エアロセンス株式会社 取締役 事業推進担当)
■ 測量分野とドローン(3/25)
春原 久徳氏
(セキュアドローン協議会 会長)
■ クリエイターを活かす撮影分野の活用(3/25)
坂口 博紀氏
(一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会 代表理事)
■ 災害分野におけるドローン活用(3/25)
泉 岳樹氏
(公立大学法人首都大学東京 都市環境学部 地理環境コース 都市環境科学研究科 地理環境科学域 助教)
【ドローンとIT】
■ドローンと IT。二つの産業革命の未来と可能性を探る(3/25)
西脇 資哲氏 西脇 資哲氏
(日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト(業務執行役員))
■ ドローンを取り巻くソフトウェアのランドスケープ(3/25)
片山 雅之氏
(アストロップ株式会社 代表取締役社長)
■ ドローンとIoT/ビッグデータセキュリティ(3/25)
笹原 英司氏
(一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス 代表理事)

フライトショーケース Drone Flight Showcases(3日間:3/24~26)

■Best of Japan Drone 表彰式
過去1年間に発売、発表されたドローン製品やサービスを表彰いたします。
■Drone Impact Challenge presents ドローンレースin Japan Drone2016
Drone Impact Challenge 実行委員会が主催する日本最大級のFPV ドローンレース。Drone Impact Challenge 実行委員会は、航空法、電波法等規制に準拠し、「安全を徹底して追求し、信頼される組織」を目指します。レースは中級者クラスと上級者クラス、2 つのカテゴリーで争われます。
■Drone Movie Contest 2016
デジタルハリウッド ロボティクスアカデミーとJUIDA が主催するドローンによる空撮映像を対象にした映像コンテスト。
安全ガイドラインに則った、ドローンによる優れた映像作品を生み出すことを目的としています。

詳細・お問い合わせ

「ジャパン・ドローン2016」の詳細やお問い合わせ先については、
下記の添付資料にてご確認ください。