製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
分析、故障解析、信頼性試験、試料作製、レーザ加工、再現実験 株式会社クオルテック
事例

電源回路 負サージ試験(フィールドディケイ試験)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
信頼性試験  /  自動車 電子・半導体 試験・分析・測定

試験概要

自動車に使用される電子機器の負サージ耐量を評価する試験です。火花サージを想定した方形波(フィールドディケイ)波形と、バーストフィールドディケイ波形の出力が可能です。 日本規格のJASO、国際規格のISO、メーカーの独自規格が存在し、サージの発生方法も規格によって異なります。

●CR系サージシミュレーション(旧JASO、メーカー独自規格)

●LR系サージシミュレーション(ISO)

●アンプ方式シミュレーション(ISO、メーカー規格)

それぞれの規格に合わせたサージ発生回路を構築し、試験を実施致します。

対応規格例:JASO B種&E種・ISO7637/160750規格 パルス1(24V除く)、2a、3a、3b、5a、5b、7

 
 

試験装置 仕様

メーカー:菊水電子工業

製品名:車載機器用過渡電圧サージ試験機

型式:SPEC80746(本体)、XG001442(コントローラ)

 

出力端子:+B、Acc、IG、ILLの4系統およびGND(-)

重畳可能な直流電圧・電流 Va:+B:最大DC35V、最大DC50A

Acc、IG、ILL:最大DC35V、最大DC25A

DCラインの電圧降下:最大3V

モニタ端子:出力電圧の1/100(電圧確度±10%)

  • HOME
  • 事例
  • 製品・技術
  • イベント
  • ニュース
  • 試験一覧
  • 設備紹介
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
エコ&エネルギーポータル
試験・分析.com